topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス+モロッコ旅1リヨン編 - 2014.01.18 Sat

今回は長旅。
5年に一度の15連休なのであります!

旅程は、12月5日出発で
フランス(リヨン)→フェズ→フランス(パリ)
なぜリヨンかと言うと・・・
この時期リヨンでは”光の祭典 Fete des Lumieres”という大きなイベントが開かれており、
祭り好きの私としては見逃せない!というのと、次回のフランスフェアの特集がリヨン・・
ということで、光の祭典とリヨンを拠点に前回リヨン訪問時に行けなかった中世の街ペルージュ、
フィルミニのコルビジェ建築を訪ねようと思ったのです。

で、出発の前日の夜。
KLMから恐ろしげなメールが・・・
”明日のあなたのアムステルダムからリヨンへの乗り継ぎ便はフライトキャンセルになりました”
えぇーーーっ!
”あなたにとってできる限りのいい方法を考えるので、少し待ってね~”
みたいな内容。
ひーえー、フライトキャンセルなんて初めて!
その後もKLMからはアムステルダムの悪天候により、フライトがかなりキャンセルになったり
遅れたりするので、気をつけろみたいなメールが何度も送られてきて・・・。(汗)
関空~アムステルダムのフライトは平常通り飛んでいるようなので、
でっかい飛行機は離発着できるけど、ちびっこ飛行機がとべないってことね・・・と勝手に理解。
アムステルダムまで行ったとして、その後どうやってリヨンへ移動するか・・・?
陸路で移動するにしてもとりあえずパリまで行かないといけない。
嵐のようなので、次の日には振り替え便で飛べるかもしれないけど
次の日はリヨンで人に会う約束があるので、できれば同日中に到着したい。
うーーん・・・
もしかして関空からエアフラに振り替えてもらえば行けるんじゃ??
KLMの出発の1時間後にエアフラのパリ行きが出ているので、それに乗ればリヨンに同日着できる。
よし、明日早めに空港へ行って交渉だ!!
と寝て、朝起きたら・・・
”あなたのフライトをエアフラに変更しました。よろしくね!”
とのメールがKLMから来てました。
なーんだ、色々考えたのに~~~。
ということで、急遽エアフラでリヨンへ。
1meal_20140118191357095.jpg
日本発のエアフラの機内食。
パリのラウンジで新聞を見たら、1面に爆弾低気圧の記事が。
どうも北海沿岸がやられた模様でした。
そしてリヨンにはKLMよりも早くに到着。
まぁ結果オーライってことね。

リヨンは、紀元前43年に、ローマの植民市ルグドゥヌムとして建設された歴史があり
ローマ遺跡が少し残っています。
2iseki.jpg
とりあえず円形劇場後へ行ってみましたが・・
あんまり残ってない・・・遺跡としては寂しい感じですな。(苦笑)
霧も出て眺めも楽しめなかったので、早々に遺跡の丘から下りて旧市街へ。
3terro.jpg
光のイベントのメイン、プロジェクションマッピングが行われるテロー広場。
マッピング用の機器が色々と設置されています。
この近くのブション(リヨンの庶民的レストラン)で人と待ち合わせです。
それからフランスフェアで出展するお店を何軒か回る予定。
まずはリヨンでも有名なブション、カフェ・フェデラシオン。
4buchon.jpg
典型的なブションの内装。
5cunell.jpg
そしてリヨン名物、クネル。
リヨン風で最も有名なのが川カマスのクネル。
ザリガニでとったソースを使っていました。
洋風はんぺんのような感じでふわっふわで、おいし~♪

お次はリヨンの人形劇、ギニョールのお店へ。
6gniolle.jpg
ギニョルとは、リヨン発祥の指人形芝居の事。また、そのヒーローの名前でもあります。
一番右の人形がギニョル。
外国の人形って、日本人にとって素直にかわいいとは言いがたいんだけど・・・(笑)
ユニークな表情ですね。
お店のウィンドーはこんな風に冬のデコレーションが施されています。
7shop.jpg
この通りのお店はみんな同じペインティングで、一人のアーティストが描いていっているそうです。
とてもかわいい通りになっていておもしろい方法だなと思いました。

そしてミニチュアと映画博物館へ。
ミニチュア製作アーティストのダンオールマンの作品を始め、
世界中の他のミニチュアアーティストの作品も展示されています。
映画セットのセクションでは、撮影スタジオで実際に使用されたセットや小道具、
撮影シーンの復元なども見ることができます。
8mini.jpg
精巧なミニチュア。
9mini.jpg
ターミネーターの特殊メイクなんてのも。
10mini.jpg
これは典型的なブションのミニチュア。
11mini.jpg
廃屋のアパルトマン??
寂れた感じがすっごくよく出ています。
ミニチュア好きには垂涎の展示物なんじゃないかな~。
芸が細かいことこの上なかったです。

そしてリヨンで人気上昇中のショコラティエ。
12chocola.jpg
よく雑誌にも出ているパリの有名ショコラティエで修業した後開いたお店だそうで、
ここのチョコレート、めっちゃ美味しい!
あまり外国のチョコレートを美味しいと思わないのだけれど、ここのは格別でした。
週末にだけフレッシュフルーツを使ったタブレットを売るのだそうで、
土曜の朝に買いに来るということで、予約!
うふふ、楽しみ~♪

だいぶ疲れていたけれど、最後に行ってみたかった市場へ。
13marche_201401181917040e2.jpg
リヨンの超有名人、ポールボキューズの名を冠した市場へ。
14pularine.jpg
甘~いプラリネのタルトや
15puoulet.jpg
ブレスの鶏など、食材はもちろん、ワインバーや軽く食べられるレストランやカフェもあって、
食の街リヨンを体感できる市場なのであります。

一度ホテルで小休止をしたら、少し体力が回復したので
この日から始まる光の祭典イベントを見に再び旧市街へ。

「リヨン光の祭典 Fete des lumieres」
1852年、フルヴィエールの丘の古い礼拝堂の鐘楼を修復し、そのお披露目イベントを
「聖母の無原罪の御宿り」の12月8日に実施予定のところ、当日大雨で当初予定していたライトアップイベントは中止。
そのとき、リヨン市民は次々に自宅の窓にロウソクの灯をつけ始め、
あっという間にリヨンの街全体が窓辺の数千というロウソクで輝いたそう・・。
このリヨン市民が自発的に始めたロウソクによる灯火が、光の祭典の原点といわれています。
今では、名所にただ光を当てるライトアップだけではなく、街の建物を活かした
光のインスタレーションがリヨンの街中で展開されており、
4日間で400万人が訪れるリヨン最大のイベントになっているのです。
16light.jpg
こういった光のデコレーションが街中の色んな場所に出現します。
全部で78カ所のイルミネーションがあるいう事だからびっくり!!
地下鉄は切符を買うにも乗り継ぎにも行列に並ばなくてはならず、
足で歩いて回るのが普通だけれど、すべてを見て回るのは不可能~~~。
17light.jpg
こういった連続ゲート調のものは、神戸ルミナリエのほうがきれいかな(笑)
18light.jpg
このインスタレーションも規模の割にはちょっと理解しがたかった。←単に芸術オンチ?
モダンアートのインスタレーションってわかりにくい~(汗)
19light.jpg
オペラ座もライトアップ。
そして一番圧巻なのがやはりプロジェクションマッピング。
20light.jpg
テロー広場 LA PLACE TERREAUX の建物の壁一面を使って繰り広げられた巨大なプロジェクションマッピング
LA PRINCE DES LUMIERES。
21light.jpg
約80万人が鑑賞したということです。
ほんとにすごい人出で、混雑に慣れてる日本人もビックリの行列&混雑なのでした。
つ、疲れ果てました~~~~・・。
いきなり1日目からハードなのでありました。←いつもやっちゅうねん。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beagleone.blog112.fc2.com/tb.php/225-6352632f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フランス+モロッコ旅2 コルビジェの街フィルミニ «  | BLOG TOP |  » 初台湾!弾丸台北旅行

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。