topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013夏 ルーマニア旅行ブラショフからブカレストへ - 2013.07.29 Mon

クルージ・ナポカからブラショフへはバスで。
朝6:30発のバス・・・って、
1bus_20130729214121.jpg
うーん、これはバスっちゅうよりミニバン??
しかもこれで5時間半って、辛そう・・・(汗)
まぁそんなことも言ってられないので、これでブラショフへ向かいます。
途中1回の休憩をはさみましたが、やっぱりちょっとしんどかったですな・・・(笑)

無事ブラショフへ着いて、ペンションに荷物を置いてから”吸血鬼ドラキュラ”の
居城のモデルとなったブラン城へ。
アウトガラ・ドイというバスターミナルからバスで行きます。
2castle.jpg
途中のバスの車窓からは、天気もあいまってほんとのドラキュラのお城みたいなお城も。
さて、ほんちゃんのブラン城は・・
1377年、トランシルヴァニアのザクセン商人達により完成。
14世紀末、ヴラド・ツェペシュの祖父にあたるワラキア公ヴラド一世がここを居城にした。
しかし、ドラキュラのモデルになった串刺し公ヴラド・ツェペシュ本人は住んだこともないらしい。
小説「吸血鬼ドラキュラ」の作者であるアイルランド人のブラム・ストーカーが
この城を見て、勝手に不気味がってモデルにしちゃったみたいです。

4bran.jpg
隠し通路もあってりして、
3bran.jpg
中世のお城といった風情です。

そしてブラショフへ戻り、ちょっと町を散策。
5brasov.jpg
町の中心、スファルトゥルイ広場。
6rasov.jpg
お決まりのビールで休憩&絵葉書書き。

そしてこの日の夕食は精肉会社直営のレストランで、肉ーーー!
7brasov.jpg
ルーマニアワインの赤と共においしくいただきました。
8brasov.jpg
そしておなかいっぱいなのにデザートも。
パパナッシュというこの地域発祥のドーナツ状のお菓子。
どれも全部美味しかったーーー!!お腹はちきれそうでしたが。(爆)
この日のミッションはこれで終わり。
移動時間が長かったので、結構疲れました~~~~~。

ペンションの朝食。
9brasov.jpg
やはり卵2個はこちらのお決まりなのか?
とりあえず肉とか卵とか農産物とかははずれなく美味しいルーマニアです。
この日は世界遺産都市、シギショアラへ。
10sigishoara.jpg
列車でシギショアラに到着。
14sigishoara.jpg
1999年にユネスコの世界遺産に登録された歴史都市を観光します。
実はシギショアラはドラキュラのモデルとして有名なヴラド3世が生まれた地であり、
その邸宅が残っているのです。
11sigishoara.jpg
現在はレストランに改築されているのですが、お昼時に訪れると客席は
日本人団体観光客と中国人団体観光客で埋め尽くされて満席でありました。
なんてこったい・・・(汗)
12sigishoara.jpg
内部は中世風のインテリアになっています。
満席では仕方がないので、タルトの美味しいカフェでお茶。
13sigishoara.jpg
甘酸っぱいベリーがぎっしり入ったタルト、美味でした。
15sigishoara.jpg
城壁から見たシギショアラの町。
緑が濃くてまさにヨーロッパの美しい風景・・・といった感じです。
ちなみにシギショアラの駅にはジプシーの子供が何人もお金をせびりにきてました。
現地の人も冷たく追っ払っていたけどしつこく居座っていて・・・。
きっと首都に行くともっと多いんだろうな。

さて、次の日は昼過ぎににブカレストへ向かうバスに乗るので、
午前中にこれまた世界遺産の要塞教会の観光。
ブラショフから一番近いプレジュメールへ。
16yousai.jpg
プレジュメール行きのバスターミナルは教会裏にこっそりありました。
寂れすぎ・・・(笑)

1999年に世界遺産に登録。
17yousai.jpg
要塞らしく入り口は落とし格子。
18yousai.jpg
戦争の際には村人全員が、ここに避難し、なおかつ兵士として敵と戦ったということです。
19yousai.jpg
プレジュメールの要塞教会は、防壁の内部が3階建ての集合住宅になっていて、
学校など生活のための機能が全て詰まっていました。
20yousai.jpg
教会は中心にあり、まるで小さな町のよう。
21yousai.jpg
要塞教会の外壁の窓には、外向きに射撃台が置かれており、戦闘の際には全ての窓から
一斉射撃が行なわれ、敵からは「死のオルガン」と恐れられたそうです。
まさしく要塞ですね。

ブラショフへ戻って少し時間があったので、街が良く見える白い塔へ。
22brasov.jpg
せせらぎ脇の小道から階段をふうふういいながら登ると・・・
23brasov.jpg
ブラショフの街を一望。
そしてブラショフからブカレストへバスで向かいましたが、これまたちっこいバスで・・(笑)
3時間半ほどでブカレストに到着。
ブカレストにはアウトガラが10以上もあり、それぞれ行き先やバス会社が違うのでややこしい。
なんでも申請すれば気軽にバス運行できるらしく、小さなバス会社がやたらとできて
当然使うバス停も色んなところにお手軽にできてしまうらしい。
使うほうには不便この上ないことですな・・。
で、2年前の事件のこともあり、首都ブカレストにビビッていた私はこのバスターミナルから
空港までの送迎(+プチ観光)を予約していたのでありました。
なので、すんなり楽チンにブカレスト簡単観光へ。
24bucharrest.jpg
首都ともなるとやはり車の量が多い。
そしてこれだけが見たかった
25bucharest.jpg
国民の館。
アメリカのペンタゴンに次ぐ、世界で2番目の大きさを誇る建物。
悪名高いチャウシェスクが国民の生活の搾取の上に建てた、権力の象徴とも言える館。
現在その一部は、ルーマニアの国会に利用されていますが、申し込めば一般の人も
会議の場所として使用できるそうです。
それにしても3000以上の部屋数を持つ宮殿。
たいして産業もないこの国が、農作物の輸出などで得た収入を国家のために使わずに
こんなものにつぎこんでいたのですな。
そして、ブラショフにもヴラド・ツェペシュが。
26bucharest.jpg
ルーマニア国立軍事博物館の入り口に並んでいる胸像たち。
ドラキュラのモデルもこの国では英雄の一人なんですね。
そして街を一巡りすると・・・
27bucharest.jpg
こんな標識や
28bucharest.jpg
こんな凱旋門など・・・
パリのパクリがいっぱい・・・(笑)
いくら東欧の小パリといわれてるったって、これはやりすぎでは???
29bucharest.jpg
途中の公園で、まだ食べてなかったミティティを食べる。
結構美味しいと思ったけど、ほんとはもっとジューシーだそう。
そして20:10ブカレスト発の飛行機でパリへ。
30air.jpg
久々のエアフラらしい機内食。
パリには1泊。
31gift.jpg
ボンマルシェのグランエピスでボルディエのバターを買い込んで帰国の途につきました。

ルーマニア、最奥の地はヨーロッパの原風景といわれる人が温かく、のんびりした村々。
ペンシルバニアは一昔前のドイツのような雰囲気。
少し前のヨーロッパを探しにいける場所のような気がしました。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beagleone.blog112.fc2.com/tb.php/222-5123d7db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

新たな日本酒の魅力 «  | BLOG TOP |  » 2013夏 ルーマニア旅行マラムレシュ編2

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。