topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012ハンガリー&ブルガリア旅行 ブダペスト編 - 2012.06.20 Wed

ブダペスト最終日の朝パラチンタはフルーツとプリンをチョイス。
P1010710 (300x225)
プリンっつーから冷たいプリンを添えてるのかと思ったら、
中にプリンを挟んでレンジでチン!←びっくり
フルーツソース(甘煮にしたチェリーとパイン)も一緒にチンして
ホットカスタードソース&チェリーソース入りの甘~いパラチンタが出てきました。
・・・予想とは違ったけど、これはこれでおいしかった。

この日の予定は、国会議事堂→メメントパーク→工芸美術館。
国会議事堂の見学はツアーのみで、なかなかの人気とのこと。
ツアーは10時からなのですが、チケット売り場が開くのは8時。
とりあえずチケットをゲットしにホテル対岸の国会議事堂へ。
P1010712 (300x225)
国会議事堂側から見たホテル周辺。右の建物がホテル、左の教会あたりが地下鉄の駅で
その広場にパラチンタ屋さんやスーパーがあり、なかなかに便利でした。

で、8時にチケット売り場へ行ってみると、すでに人が並んでおりまして・・
P1010715 (300x225)
それでも20人~30人くらいだったので、チケットゲットはまぁ大丈夫か・・と並びながら
世界遺産のプレートなんぞを撮影。
P1010718 (300x225)
・・・だったのですが、私の順番が回ってきて、窓口に行くと・・・・
”今日の英語ツアーで、あなたが参加できるのは17:15からのツアーしかありません”
・・・って、うそーーーー!!!
8時から並んでるんだぞー!!
で、こちらもめげずにドイツ語でもマジャール語でもいいからなんとか早いツアーに入れてほしいとか
今日の晩ブダペストを発つから、一人だけ何とかしてくれないかと頼んだけど全然受け付けれくれず。
どうも団体などの予約が入っていて、それで見学ツアーの人数が埋まっているようでした。
並んでいる間も、”予約があるから”と横入りされまくってたし。
17:30には空港へ向かうバスに乗らないといけないから17:15のツアーに参加するのは
絶対無理!
泣く泣くあきらめることに。
・・・しかしなんだかなぁ。ちょっと酷すぎる。
朝一番に並んで一番遅い時間のチケットしか取れないって、ちょっと異常だ、というか問題あり。
これじゃ個人の観光客はなかなかチケットをゲットできないんじゃないのか?
しかもあの窓口の対応もムカついたし。
P1010719 (300x225)
バカヤローーー!!!
と心の中で叫びながら国会議事堂を後にしました。

そのまま近くの郵便貯金局を見に周辺を散策。
こちらはナジ・イムレの像。
(ハンガリーの政治家で首相。ハンガリー動乱時にソ連の侵攻に抵抗し、秘密裁判の結果処刑された。)
P1010720 (300x225)
なんとなく哀愁漂う姿。
ハンガリーも旧東側陣営の時代から自由化になるまでにつらい時代があったのですね・・。

その近くにある郵便貯金局。(1899~1901年建設)
P1010724 (300x225)
中には入れないのですが、外観を見に行きました。
ハンガリーの建築家、レヒネルの傑作です。
レヒネルは、ハンガリー・アール・ヌーヴォー建築の巨匠で、
マジャール文化を取り入れた独自の様式を作り上げた建築家です。
P1010727 (300x225)
壁面はマジャール伝統のレース編みの様な装飾。
P1010730 (300x225)
貯蓄.蓄積のシンボルである蜂が壁面を登って行くデコレーション。

しばし周辺を散策すると、凝ったデザインのアイアンの門が目白押し。
P1010726 (300x225)

P1010732 (300x225)
壁面のデコレーションも凝ってます。
P1010736 (300x225)
こんなアシンメトリーなものも。
P1010737 (300x225)
壁面ブラケットのアームもかわいい。あぁ、涎が・・・(←変態)

その後、メメントパークへ行くためにトラムでバス乗り場まで移動。
P1010739 (300x225)
バスに乗り換えて、さらに20分ほど。

P1010742 (300x225)
共産時代にあった銅像を集めたメメントパークに到着。
P1010743 (300x225)
まずはレーニン像。
P1010745 (300x225)
これはソ連兵の銅像。実際の人間と比べると無駄にデカイですね~、やっぱり。
P1010746 (300x225)
思ったよりも数が少なかった感はありますが・・・
P1010748 (300x225)
こういったプロパガンダ的像を見ることはなかなかないので話のネタにはなりますね。
P1010758 (300x225)
真ん中に見えるのは、スターリン像の足。
上の部分は引き倒されて、粉々に打ち砕かれたそうで・・・
さすがスターリン、憎まれ方も半端じゃないですな。
P1010764 (300x225)
東ドイツの名車(?)トラバント。
実際見てみるとか~な~り~小さいです。
ボディはペランペランだし・・・。
ここの売店には旧東時代のプロパガンダポスターや絵葉書、レーニン燐寸とかを売っていています。
毛沢東もあったな・・・。

市内に戻って、ランチ。
今のところブダペスト一番(トリップアドバイザー)のレストラン、ONYXへ。
奮発ランチです。(ディナーではないのでしれてますが・・)
P1010769 (300x225)
インテリアはさすがオシャレですね~!
P1010771 (300x225)
ランチについてるパン、これがおいしい!!!おしゃれな上においしいパン!
さすが高級レストランは違うわ~♪
P1010772 (300x225)
メインはアンガス牛のステーキ。
ふむふむ、なかなかに柔らかくておいしいお肉。
P1010773 (300x225)
デザートは、レモンタルトをチョイス。
これが結構甘くて・・・味はおいしいんだけど、日本人には甘さがきつすぎたかな。
でもレモンの香りがすごーく爽やかで、甘さ控えめなら日本人にも大うけだとあ思うなーって感じでした。

すぐ近くには老舗のお菓子屋さん、ジェルボーがあります。
P1010774 (300x225)
ほんとはここでケーキとお茶したかったんだけど、さっきのレモンタルトが甘すぎて
砂糖はもういらんって体になってました。(泣)
ま、ジェルボーのケーキは次のブダペスト訪問時にとっておくことにしましょう。
国会議事堂のリベンジもありますしね!

この広場ではワイン祭りをやってました。
P1010777 (300x225)
グラスを買って各ブースのワインを飲むイベントのようです。
この日もブダペストステイだったら迷わず飲みまくっているんだけどなぁ・・残念。

さて、お次は工芸美術館へ。
これもレヒネルの作品。
ヨーロッパの城建築+オリエント様式+マジャール文化を取り入れた、
建築当時から物議を醸した建築。
P1010778 (300x225)
この意表をつく外観は、”ジプシー皇帝の館””陶工の作”と揶揄されたそうです。
で、レヒネルは”ジプシーもインド起源なのだからあたらずといえども遠からず”とかわした。
て、ことはかなりインドを意識したデザインだったってことですね。
P1010780 (300x225)
確かにこの屋根のデザインは、ちょっとマハラジャっぽいとゆーか・・・
P1010784 (300x225)
インド様式の中にハンガリーのフォークアートにみられる文様を取り込んだといわれている。
P1010788 (300x225)
これがレヒネル・エデンの像。
P1010789 (300x225)
エントランス。
天井は花模様の白と黄色のタイルで覆われています。
すごく華やか!
P1010790 (300x225)
門扉のデザインもアジアンちっくなアールヌーヴォーって感じ。
P1010793 (300x225)
ここまでやるとちょっとグロテスクなのですが、そーいや西洋にもバロックとグロテスクの様式ありましたね。
P1010794 (300x225)
この天井のタイルはほんとに印象的。
P1010795 (225x300)
入り口階段の手すりは黄色の陶製。
これは鶏のとさかがモチーフなんだとか・・・。
P1010798 (300x225)
内部はこれまたオリエンタルな造作。
P1010799 (300x225)
こんなアーチは初めて見ました。
P1010803 (300x225)
この吹き抜けも独創的!でも美しいです・・・。
P1010808 (300x225)
1階では、アールデコのインテリアの展示がされていました。

このお天気でのどが渇いたので、カフェ・ニューヨークにてお茶をすることに。
P1010815 (300x225)
内部がゴージャスで有名な老舗カフェですが、老舗にありがちな状態で・・・
(店員の態度が悪い。中〇人が団体で来て、傍若無人な振る舞いをしている、
そんなサービスの割りに値段が高い・・・など)
パリのカフェでもこういった状態を見ますが、ブダペストでもかー・・・とかなりがっかり。
他であまりいやな思いをしなかっただけに、ちょっと残念でした。

その後、ホテルに戻り荷物をピックアップしてエアポートシャトルの乗り場へ。
WIZZエアは独自のシャトルを運行していて、これがなかなかにお安いのです。
今回、東欧のLCCであるWIZZエアでブダペスト→ソフィアを移動することにしました。
当初はハンガリーの航空会社、マレーブ・ハンガリー航空で移動するつもりだったのですが
なんとチケットを買った後に航空会社が倒産。
しかもEチケット送ってきてるくせに、お客にそのことを知らせてこなかったのです!!
出発1ヶ月ちょっと前に偶然その情報を拾って、あわててWIZZエアをとったのです。
(ちなみにマレーブに支払ったお金は、クレジット会社を通じて返ってくるようです。当たり前じゃ)

P1010819 (300x225)
その割にはターミナルは改装されていてきれいでした。
20:15ブダペスト発
22:30ソフィア着
ホテルにタクシーの手配をお願いしていたので、スムーズに優良といわれている
タクシーに乗ることができました。
でもやはり空港からのタクシーの運ちゃんって怪しい。
車の中で”あれがアレクサンドル寺院だ”とか”大統領府だ”とか言ってきたので
これはチップ狙いか?それともただの気のいい運ちゃんか?と思っていたのですが。
ホテル側から事前のメールで、運転手にはお金は払わないようにと言われていたので
”ホテルで払うから”とタクシーを降りて、ホテルのフロントへ。
言葉がわからないので内容はわからなかったけど、あんまりいい感じじゃなかったな。
フロントのおねーちゃんは、そのうざい運転手にちゃっちゃとバウチャーを書いて
追っ払って渡して、その後チェックイン手続きをしてくれました。
このおねーちゃん、若いと思うんだけど(顔はかわいらしくて学生みたい)すんごい爆弾乳で、
(そのぶん体格もすごかったけど)いきなりブルガリア人の胸のデカさに驚きました。

ホテルは古めだけど、水周りはきれいに改装されていて、この部屋はバスタブ付。
P1010827 (300x225)
お部屋は広くて、なかなかいいじゃん。
P1010828 (225x300)
と思っていたのですが、この晩えらい目に遭うことに・・・。



スポンサーサイト

● COMMENT ●

やっぱりおもしろい!!

ロイワンさんの旅行記、やっぱりおもしろいです!!
特に、食べ物&建物関係が・・・。

自分が行ったことのある土地でも、別の視点で見てみると、全く違う印象をうけるものですよね。
レヒネルの建築、アジア・ヨーロッパ・中東風など、いろんな要素がごちゃ混ぜだけど、素敵だな~と思いました。
「こんなアーチは始めてみました・・・」ってアーチ、インドっぽいなあなんて・・・。
でも、実際のインドのアーチは、ちょっと違いますね。

やっぱり?(笑)

やっぱりツボは食べ物ですか~(笑)
一応建築巡り&食&旅のブログってことになってますんで・・
食と建築ネタが面白いと言っていただけるとうれしいです!

ハンガリアン・アールヌーボー、コテコテだし東洋趣味も入っていて怪しい感じが、私も好きなんですよ~。
レヒネル建築も面白いでしょ?
私もインドっぽいアーチだな~と思ったのですが、インドに行ったことないもので自信がなく・・・。
まだ他にも見られていないアールヌーボーインテリアがあるので、ブダペストにはまた行ってみたいです。
ドイツからも気軽に行けそうですね!
来年はドイツのワイン祭りとからませるか、クリスマスマーケットとからませて計画たててみようかな?


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beagleone.blog112.fc2.com/tb.php/191-633f82f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2012ハンガリー&ブルガリア旅行 ソフィア編 «  | BLOG TOP |  » 2012ハンガリー&ブルガリア旅行 温泉湖と夜景編

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。