topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ弾丸旅行その3 - 2012.01.13 Fri

前の晩はご飯食べてシャワー浴びて早々に寝たので、
(部屋はwifiはつながるが、TVはなし・・ま、あってもトルコ語でわからんけど)
すっきり起床。
ホテルの外に出てみると曇り空。
でも気球は飛んでました。
1baloon_20120118224949.jpg
この日もうようよ浮かんでました。
毎日すごいですねぇ。
そりゃー、気球フライト会社が増えるはずだ。(笑)
なのでやっぱり会社を選ばないと、事故やトラブルがあったりするらしいです。
気をつけないと。

この日は、ホテルの人に頼んでホワイトバレーやウチヒサルを回ってもらう1時間ツアーを
前日に交渉してました。
なにかの本で、ホワイトバレーの景色を見て、行ってみたい!と思って
ホテルの人(唯一英語がしゃべれるおっちゃん)に行き方を聞いていたんだけど
(日本では資料がなくてわからなかったんだけど)自力で行くには徒歩で行くしかなく
かなり時間がかかるとのこと。でも車だとすぐ行けちゃうんだよね。
ホテルのおっちゃんは、歩いていくしかないけど4時間くらいかかると言うし。
カッパドキアはなかなか自力で動くのはしんどい場所だということを痛感。うむむ・・・
ホワイトバレーあたりは現地ツアーのコースにも入ってないし(だから余計に行きたい!)
飛行機の時間もあるし・・・で、ホテルのおっちゃんと交渉。
車でギョレメパノラマ、ウチヒサルの城砦、ホワイトバレー、ラブバレーを谷の上から
観るコースを組んでもらって50トルコリラ。(約2000円ちょっと)
最初60とか言ってたんだけど、一応値引き交渉。
ほんとはもっと下げてほしかったんだけど、時間もないし、50でやめといた。
で、9時半にホテルを出発。
2uchihisar.jpg
ウチヒサルから見たカッパドキアの風景。
3valley.jpg
あいにくの曇天ですが、カッパドキアの洞窟住居などが一望です。
そして車で道なき道へ入って行き、ホワイトバレーを谷の上から眺めることができました。
4valley.jpg
この白い岩肌がホワイトバレーの名前の所以です。
DSCF9114_convert_20120113221127.jpg
それにしても、こんな谷の谷間なんて一人で歩けるはずもありません。
実際に見てみると、迷って野垂れ死にか、獣に食われるか???って感じです。
5valley.jpg
確かに谷の下から見る景色はきっとすばらしいんだろうけど・・・
プライベートにガイドをつけるなりしないとこりゃ無理だったな、
車で連れてきてもらって正解だったな、と実感してると、
ホテルのおっちゃんが
”女性が一人で行く場所じゃないよ”とぽつり。
ほんまや~と思いましたわ。
でもこの景色は一見の価値ありでした。
やっぱり来てよかった。
6valley.jpg
ホワイトバレーからラブバレーが続いています。
DSCF9115_convert_20120113221309.jpg
紅葉の時期はもっと綺麗だそうです。
7valley.jpg
過去の地殻変動とその後の侵食によってできた妖精の煙突と呼ばれる岩がにょきにょき。
8valley.jpg
おっちゃんに”なんでラブバレーっていうの?”と聞いたら
笑いながら、”ラブがいっぱいでしょ!?”だって。
そのとおりですな、わはは~。

ホテルに戻って空港へのピックアップが来るまで、友達に絵葉書書きタイム。
9hotel.jpg
この奇岩の景色とももうすぐお別れです。
ちなみにお茶はローズヒップティーを入れてくれました。
乾燥で肌がちょっと乾いていたのをしっかりチェックされていて
”お肌にいいよ”とおっちゃんが入れてくれまして・・・よう見てるな。

絵葉書も書いてのんびりお茶して空港送迎の車に乗ったはいいが、
これが空港までか~な~り~時間がかかって焦った焦った。
15:00発の便なのに空港に着いたのはなんと14:40!!
相乗りシャトルだったので、他の乗客たちもヨーロッパ人ながらさすがに焦りまくり。
空港に着いたらまずはターミナルに入る前にセキュリティチェック。
時間がないっちゅうのに、外人たちも”オー、マイゴッド”を連発しながら
コート脱いで靴脱いで・・・
で、やっとチェックインカウンターでチェックインすれば
今度は荷物に着けるタグを印字する機械がトラブル!(泣)
どないなってんねん!!
まぁカイセリは小さい空港なのでチェックインの手続きさえしてしまえば
どうにかなるかな、とは思ったものの、この旅ではロストバゲッジがあっただけに
不安が募る・・・。
とりあえず荷物のタグが印字できてやっと荷物を預けてゲートへ・・・
と思ったらここでまたまたうるさいセキュリティ。
ずーっと焦りっぱなしで走り回って汗だくでコートをまた脱ぎ荷物をベルトに載せて・・
とわたわたしていたら、空港の職員が
”マダム、パスポートはその籠に入れて”
はいはい
”マダム、靴は脱いでその籠よ”
はいはい、もう~(汗)
”マダーム”
まだあるんかい!??
”あなたの髪型イカしてるわ!”(爆)
はぁ???・・・思いっきり脱力・・・。
”彼ともそういってたのよ~”
と汗だくでブーツを脱いでいる私を尻目に空港職員の女性はニコニコ。
隣の若いにーちゃんもニコニコ。
あ、そらおおきに・・・。
そーいや、前の晩行ったハマムでもやたらとウケてたな。
トルコで坊主頭が受けるとは思わんかったわ。
ま、好印象?なのはいいことだとセキュリティを出るとそこはもうゲート。
しかも飛行機遅れてるし・・・(爆)
結局機体が到着したのが14:55、出発が15:30と30分遅れ。
焦りまくったカッパドキア出発でしたが、無事テイクオフ。
まだ機体が上昇中の状態の中、根性の機内サービス。
DSCF9121_convert_20120113222445.jpg
かわいいバスケットタイプの機内食は、チキンサンド、豆の煮物、アーモンドケーキ。
これまたおいしい~♪
ほんとトルコ航空、軽食美味しいわ。
イスタンブールはあいにくの雨。
そしてとんでもなく寒かった!

シャトルサービスでホテルに到着して最上階のレストランからブルーモスクをパチリ。
10ayasofia.jpg
明日は雨が止んでくれるといいなぁ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

あはは~、そのおしゃれな髪型が受けたのね~(笑)
このいっそがしい時に~、でもちょっと気が抜けて良かったかもね。

いつでもどこでも、お食事のお写真の美味しそうな事よ。

いたちさんへ

トルコ人、おもろいでしょ。
まぁどこでもだけど、ヘンに疑ってばかりだと案外いい人だったり
気を抜くとすぐにぼったくろうとする人がいたり・・とイスラム圏はアップダウンが激しい。
それにしてもトルコ航空の機内食おいしかったわ~。
完食。

あははは

何だか、イライラしているのを見透かされ、上手にガス抜きをしてくれたかのようなタイミングで、「髪型イカシテルよ~」って・・・。
思わず笑っちゃいました。

もしかして、トルコ人には関西人の血が流れてるのかも・・・。

らくださんへ

トルコ人、のほほんとしてますよね。
ほんまに関西人的かも。(笑)
以前エジプトに仕事でよく行く人に聞いたんだけど、
関西人はエジプトに行って、”おもしろかった~!”という感想が多いらしい。
関西人根性で値切りまくるのが面白いんだろうなぁ。
結構うるさいのも、関東の人よりは関西の方がうるさいのに慣れてるし。
関西人、イスラム圏向きか!??


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beagleone.blog112.fc2.com/tb.php/179-93159443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

白鷹蔵見学 «  | BLOG TOP |  » トルコ弾丸旅行その2

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。