topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初エジプト旅行 ドイツ経由 その漆 旅の終わりはドイツ - 2011.01.14 Fri

無事寒~いドイツへ戻り、レーマー広場の
クリスマスマーケットへ。
この日は日曜日で、すごい人出。
さ、寒いよ~!
1market.jpg
”昨日、30℃のルクソールで泳いでいたのが夢のようだ・・・”
などと思いながらもクリッペンのお店を見て回って・・・
2krippen.jpg
本当はなにかひとつくらい家のクリッペン用のパーツを買いたかったのですが
いまひとつピンと来るものが見つからなくて結局買わず。
ケーテの店でシュヴィップボーゲン用のキャンドルを買いたくて
店員さんに必死のドイツ語で聞いたら、
”あっちにおいてあるよ。ちなみに英語通じるから”
って言われて、激ヘコみ・・・
そりゃー、しどろもどろのひどいドイツ語だよ、どーせ・・・くっすん。
3carusel.jpg
メリーゴーランドも満杯!
しかしこんな人ごみの中をでっかいベビーカーで突入してる女性も
結構いたりして・・たくましいわ~。(しかも通路の真ん中で立ち止まってしゃべるし)
通る人を気にして道をあけようとかする人は皆無。
ってか、まわりを見てる人いないし・・・(苦笑)
さすが個人主義徹底してるわ~。
まぁ最近日本でも回り見ながら歩いている人少ないけどね。
(おばちゃんとか結構ぶつかってくるし、
若い子は携帯見ながら歩いてたり・・って、
これは個人主義とは関係ないけど)

4hotel_20110114232835.jpg
自分の泊ってる安ホテルに戻る途中の高級ホテル。
クリスマスデコレーションがとてもきれい!
一度くらいこんなホテルに泊ってみたいもんだ。←絶対ムリ(笑)

5bank.jpg
これが欧州中央銀行。
よくニュースで”ユーロが・・”とか”ギリシャの債券が・・・”
とかいったニュースの時にキャスターのバックに映っている建物。

次の日の朝食。
6fruhstock.jpg
12月に入ったからか、シュトーレンがありました。
(エジプトに行く前はなかった)
しっかり食べてこの日はヴュルツブルクへ。

7station_20110114232858.jpg
このくそ寒い中、すでに電車は10分遅れ。
結局20分近く遅れて到着。まぁ、最近のDBならありがちか・・・
ってゆーより、マシ?
日本のようにホームに待合所なんてないから、寒いのにホームで立ちっぱなし。
寒いっちゅうねん!

8station.jpg
ヴュルツブルク到着。
雪だー!寒いぞー!スキー場みたいだぞー!
しかしメゲずに観光だー!

ずーっと行ってみたかったレジデンツも雪化粧。
9residenz.jpg
ひゃ~、寒っ!!
ここでも内部は撮影禁止(泣)。
(写真はガイドブック他から拝借したものです。)
ドイツのバロック建築で最も美しいともいわれるレジデンツ宮殿は
18世紀にかけて当時の天才建築家バルタザール・ノイマンによって
建てられ、1982年にユネスコの世界遺産に登録されています。

これが超有名な階段の間。
d0134009_21350100_convert_20110116100534.jpg
巨大な丸天井には全く支えがなく、ここにベネチアのフレスコ画家
ティエポロによる世界最大の天井フレスコ画があります。

10residenz.jpg
修復前の写真。こんなに戦争でボロボロになってたんですねぇ。
11residenz.jpg
それをここまで修復したなんてすごいなぁ。
しかし階段の間の巨大な600㎡の一枚天井は大変強固に作られていたので
ティエポロのフレスコ画は爆撃にもびくともしなかったそうです。
これまたすごい!

12city.jpg
レジデンツを出て街の散策へ向かいます。
いかにも冬のヨーロッパという風景。

13church.jpg
ロココ様式の内装が美しいノイミュンスター教会。

14church.jpg
ヴィース教会を手がけたヨハン・ツィンマーマン兄弟の装飾は見事です。
美しいディテールにしばしうっとり。

ヴュルツブルクのマルクト広場。
15markt.jpg
クリスマスマーケットが開かれています。

16markt.jpg
ツリーはマリエンカペレの前に。

さてさて、お昼はヴュルツブルク近郊に住んでいらっしゃる
某SNSでお友達になった女性と待ち合わせして
ユリウス・シュピタールという老舗のワインレストランでお食事。
ちゃーんと予約をしておいてくださいまして、スムーズに入店。
ありがとうございます!
17lunch.jpg
豚肉のグリルと付け合わせはシュペッツェレというパスタのようなもの。
おいしかったけどボリュームがすごい・・・!!
そして、地元で飲むフランケンワインは絶品でした!

18marienberug.jpg
マリエン要塞。
あそこからのヴュルツブルクの街の眺望は素晴らしいらしい。
途中まででもいいから行ってみたい!と友達も巻き込んで
えっちらおっちら階段を上って行きましたが、
いやー、きついきつい。
息は上がるわ足は乳酸だらけでだるくなるわで(笑)
予想どおりあえなく途中の展望スペースで引き返す事に。

19view.jpg
でも十分美しい眺望を楽しむ事ができました。
きれいだわー。

電車の時間もせまってきたので、駅に戻る途中
友達がこんな場所を教えてくれました。
20rrentgen.jpg
ここがレントゲンがエックス線を発見した場所。
し、知らんかった~。

21ice.jpg
帰りのICEは5分ほど遅れて到着。

フランクフルトへ戻ると近代的なビル群があって
のんびりしたヴュルツブルクとは別世界です。
22frankfurt.jpg

この日はフランクフルト歌劇場で”魔笛”を上演しており、
魔笛好きな私は当然観に行きました!
最近は、日本からオンラインチケットで手配できるので
便利便利。
23stmartin.jpg
この日は、聖マルティンの日。
オペラの幕間にも聖マルティンが登場して子供達に
お菓子を配っておりまして・・・
24prresent.jpg
なぜか私にもくれました。(笑)
フランクフルトの魔笛は演出がなかなかおもしろかったです。

そして次の日フランクフルトから関空へ。
日本も寒気団がきたとかでその時点で一番寒いということでしたが
氷点下のドイツ帰りの身にはちょろいちょろい。(笑)

気温差30℃以上のエジプトとドイツの旅。
一番恐れていた体調(いわゆるエジ下痢とゆーやつ)
もなにもなく、とゆーか日本にいるよりお腹は絶好調で、
あらためて自分の内臓の丈夫さに感心。
私の腸内細菌ってエジプト向きなのかしら??などと
わけわからんこと思ったりして。(笑)

帰国後ドイツを懐かしく思い出しながらドイツビールを飲んでました。
25dinner.jpg
またエジプトのターメイヤサンドが食べたいよ~!!
スポンサーサイト

● COMMENT ●

NoTitle

いやいや、丈夫なのが何より(笑)

うってかわって冬のヨーロッパですね。
同じ時期の旅行なのに、南北に移動するとこうも違うのですね~。
いいな~、冬のドイツも・・。

いつか・・・

ふふふ、いつか行こうね、ドイツ。
日本だと沖縄や北海道へ行くくらいの時間で
文化も人種も違うお国へ行けるのがおもしろいよね。
しかし、冬のドイツさっむいで~(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

そ、そうでした~(汗)

実は私も書きながら”ん?なんか違うかも・・・”とか思いながら書いてしまったのです。
ほんまえーかげんですねぇ、我ながら。(苦笑)
フランケンワインに対して失礼ですよね。
せっかく連れて行ってくっれたらくださんにも・・・。
ほんと失礼しました。(反省)
ターメイヤのミックス!?
それは興味あります~!
詳しいことお聞きしたいなぁ。
またご連絡しますね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beagleone.blog112.fc2.com/tb.php/149-a9244a5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

蔵開きの季節 «  | BLOG TOP |  » 初エジプト旅行 ドイツ経由 その陸 ルクソール最終日

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。