topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内芸術祭2010 そのに - 2010.12.12 Sun

さてさて2日目。
この日は火曜日なので、月曜定休の(芸術祭期間中は無休にしろよー)
直島行きのフェリーは朝イチからこんな感じ。
19ferry.jpg
平日ですよ、一応。(汗)

地中美術館へも行ったことないから行ってみたかったんだけど、
今回は芸術祭期間中のみのものを優先したかったのでスケジュールからは割愛。
まず向かったのはベネッセハウス。
普段はベネッセハウスに泊まらないと見られない作品が
芸術祭期間中のみ有料ツアー(300円)で見られるのです。

集合時間までそのへんをぶらぶら。
20niki.jpg
ニキの作品はいつ見てもかわいい~
21benchi.jpg

22kabocha.jpg
黄色かぼちゃはこんなところにも。

そしてツアーの始まり始まり~。
23benessehouse.jpg
ブラインド・ブルー・ランドスケープ テレジータ・フェルナンデス作
ちょうどここから見た海のきらめきを現したそうな。
24bemessehouse.jpg
15000個のガラスキューブが埋め込まれていて、周りの景色を写します。

25house.jpg

そしてこれが光の棺 杉本博司作。
26hikari.jpg
前に座ってずーっと見ていたい作品でした。
28jokari.jpg
建築シリーズの中の、これは光の教会。
30sugimoto.jpg
同じく杉本博司作。
29sugimoto_20101212203856.jpg
この数式を表した数式模型を参考にしたらしいのですが、
数式自体がわからん・・。(笑)
このツアー、解説もついていてなかなかよかったです。

その後、李禹煥美術館へ。
31ri.jpg
設計はご存知、安藤忠雄。
32ri.jpg
空間の切り取り方がきれいですね。ちなみに内部は撮影禁止。
33ri.jpg
前には、気持ちのいい庭が広がってゴロゴロ転がっている人もいました。

お次はベネッセミュージアム。
34museum.jpg
ここにも杉本博司の作品。水平線シリーズです。
35banzai.jpg
これが見たかったバンザイコーナー。
バンザイしてるウルトラマンとウルトラセブンの人形で
1/4円を作り鏡で円形に見せています。
犬島の鏡の通路を作った柳幸典の作品。

その後、直島の家プロジェクト地域へ。
護王神社。前出の写真作品の杉本博司の設計です。
36goou.jpg
石室と本殿とはガラスの階段で結ばれています。
美しい作品です。

他にも角屋、碁会所、石橋などもまわったのですが全て撮影禁止。
はいしゃ。これも内部は撮影禁止なので外部のみ。
37haisha.jpg
かつて歯科医院兼住居であった建物を、大竹伸朗がまるごと作品化したもの。
38haisha.jpg
パッチワークのような床、中には自由の女神が立っていたり、
いたるところにオブジェがくっついています。

こういった街並みが残っている地区もあります。
39machinami.jpg
街中の掲示板。
40siginkanban.jpg
美容と健康に詩吟?パロディかな?

そしてこれまた有名になった I
41iloveyu.jpg
はいしゃと同じく大竹伸朗とgrafの作品。
中に入る時間はなかったので、てぬぐいなどグッズのみ購入。(笑)

そして最後の訪問地、男木島へ。
船で着くと迎えてくれるのが、男木島の魂 ジャウメ・プレンサ作。
屋根には日本語やアラビア語、ヘブライ語、中国語などの
さまざまな文字が並び、日中はその影が地面に映り、夜は空に向かって
投射する光景が広がります。
42ogi.jpg

うちわの骨の家
43uchiwa.jpg
竹製のうちわの骨を組み合わせ、民家の内部にびっしり設置されている。
44uchiwa.jpg
マジでびっしり。

これはオルガン。
45organ.jpg
男木島の路地に、パイプを配管。
パイプを覗くと新たな光景が現れたり、音が聞こえたりする。
46organ.jpg
いたるところにパイプが・・。

雨の路地。
47omamori.jpg
島内に3ヶ所あり、時間になると水が流れ出します。
50amamori.jpg

Sea Vine
51art.jpg
海が見える窓から室内に波が入ってくる光景を表現しているそう。

最後にまた男木島の魂。
ここはフェリーの待合場所にもなっているのです。
52ogi.jpg
53karakurin.jpg

そしてフェリーで高松へ。
54ferry.jpg
その後高松から高速バスで神戸に帰りました。

本当は島の景色を楽しみながらゆっくりアートを楽しむっていうのが
正しい楽しみ方なのでしょうが・・ま、時間もなかったし仕方ないか。
それにしてもすごい人出でした。
平日ということもあってか、若い人は学生さん風が少々、
あとは定年退職後のお年の方ばかり。
びっくりですね。
皆さんこんなにアートに関心があったなんて。
そして直島は外人観光客が多かったのにも驚き。
外人向けガイドブックにでも紹介されているのでしょうか。

それにしてもいつもながらのマラソン行程、つ、疲れました~。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

No title

ははは・・・(汗) なんて強行軍・・(苦笑)
ロイワンさんらしいな・・・(笑)

どれもすごいな~と思うけど、芸術音痴の私にすると、平日にそれだけの人間がそこにいるということが凄い。
休みの日って・・どんなだろう(汗)

何にせよ、お疲れ様でした~。^^

いたちさん

いやー、さすがに疲れたわ。
でも直島はさすがのボリュームでしたね。
結構楽しめると思います。
まだ見れていないところもあるので、機会があればまた行きたいですね。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://beagleone.blog112.fc2.com/tb.php/141-2317251a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅葉狩りin修学院 «  | BLOG TOP |  » 瀬戸内国際芸術祭2010

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。