topimage

2012-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滞在時間17時間in名古屋 - 2012.03.26 Mon

タイトルからおわかりのとおり、またもや弾丸であります。(爆)
毎回毎回タイトルで”弾丸”ばっかりつけたてので、ちょっと変えてみました。(笑)
←でも弾丸

名古屋へ行くきっかけは、友人のお里帰り。
名古屋が実家の友人がお里帰りしたので、会いに行こう!となったわけです。
(ちなみに友人はドイツ在住。赤子連れでお里帰り)
で、名古屋まで行くなら・・・と、かねてから行きたかった豊田市美術館へ行くことに。
谷口建築ファンといいながら、まだ行けてなかった美術館。
周りの建築関係の友人は皆絶賛の美術館建築。
憧れの美術館へやっと行けたのであります!!

豊田市駅から歩いて10分ほど。
最後に小高い丘へ上る~といった場所に豊田市美術館はありました。
ここは「七州城」と呼ばれた旧・挙母藩(現在の豊田市)の城があった場所で、
現在も美術館の入り口近くに復元された七州城の隅櫓が残されており、
当時の城の面影を忍ばせます。
P1080321.jpg
こちら側は西入り口。
P1080326.jpg
正門前からの風景。
P1080327.jpg
やはり美しい・・・←ため息
内部のインスタレーション。
P1080335_convert_20120326223551.jpg
このへんの写真はよく雑誌にも載っているアングルですね!(ブ○ータスとか・・・)
P1080337_convert_20120326223735.jpg
壁面からの光の入り具合とよく合っていて、17年前という時間を感じさせない美しさ。
P1080343.jpg
今でもうっとり美しい空間・・・
P1080345.jpg
2階の屋外空間のアートも建物にぴったり。
来館者は11室ある展示室を回廊を巡るように歩きながら作品鑑賞を進めていくのです。
P1080347.jpg
ミラー使いで不思議な空間を構成しています。
高橋節郎館
P1080352.jpg
ほんとうに17年前の建築とは思えない美しさ。
P1080355.jpg
水と光とアルミの使い方がほんっとにきれいなんですよね♪
P1080357.jpg
大池をはさんだ向かい側にはお茶室などもあり、立礼式でのお茶も楽しめます。
P1080360.jpg
何度見ても美しい構成。なんでこんなことができるんだろう・・・???
P1080368.jpg
西入り口からのアプローチ。
このあたりは四国の東山魁夷美術館とイメージが似ています。
建物だけでなく、常設展示でもムンクやココシュカ、シーレなどの作品があり
なんといっても、さすがの谷口美術館建築、ストレスなく絵を鑑賞してまわれるという
環境の中で、午前中をのんびり過ごすことができました。

さて、名古屋へ戻ってランチはひつまぶしでも・・・と思っていたのですが
途中で山本屋総本家があったので、あの固~いめんを食べたくなってつい入ってしまいました。
P1080370.jpg
この固い麺、関西ではなかなかないんですわ~~←でもおいしい
その後やっとメインイベントの友人とのお茶&おしゃべり。
かわい~赤ちゃんのお守りをだんな様にお任せして、おしゃべりに花を咲かせ
帰りのバス乗り場の前にある「世界の山ちゃん」の立ち飲みで一杯。
P1080371.jpg
名物手羽先とビールでご機嫌♪
P1080372.jpg味噌カツ串も!
直前まで名古屋メシが食べられるのもいいところ。
で、今回ゲットした名古屋メシグッズ〈笑)
P1080373.jpg
豊田市美術館グッズ
P1080374.jpg
coco壱番屋名古屋サンロード店でしか売っていないというカレーパンと白玉ぜんざいパン。
P1080376.jpg
この白玉ぜんざいパン、白玉とつぶあんに栗まで入っていておいしかった!!
P1080377.jpg
最後はコンビニのパンコーナーで売っていたパン。
(なんと小倉あんトーストであります!!)
次の日の朝食になりました。
夜仕事の後バスに乗って、名古屋に22時半着。
その後名古屋地鶏を地酒と飲み食い
朝から遊んで夕方バスで帰阪。
名古屋滞在17時間で充実時間でした!!(おいしかったし!)
スポンサーサイト

ビストロごはん - 2012.03.26 Mon

先日フランスフェアで出店していただいたビストロヴェーさんのランチを
食べにいってきました!
ここの絶品ベーコンに骨抜きになりまして・・・(笑)
皮付き肉のままベーコンに加工しているため、うまみがぎゅっと詰まっていて
脂の甘いことったら・・・←危険な食べ物
で、お店のランチへ突撃!であります。

P1080379_convert_20120326221253.jpg
これが絶品ベーコン!
物産展の名物バイヤーもリピーターとなったベーコンです。
白アスパラとともに・・・。
P1080380_convert_20120326221316.jpg
自家製ソーセージやハムの前菜。
これまたうまい!!
キリッと冷えたアルザスのリースリングやゲヴュルツと合わせたいところですが
会社の人たちと一緒だったので、我慢我慢・・・。
P1080381_convert_20120326221336.jpg
メインはポトフをセレクト。
牛テールで煮込んだポトフ。
ディジョンのマスタードとともに食べるとこれまたおいしい!
P1080382_convert_20120326221404.jpg
デザートはフォンダンショコラ。
甘さ控えめでとってもおいしかったです。
ビストロごはんということで、奇をてらわず定番のメニューをおいしいお肉で提供してくれました。
実家がお肉屋さんとのことで、いいお肉を使っていらっしゃるよう。
今度はワインとともに楽しみたいランチメニューでした。

トルコ弾丸旅行その4 - 2012.03.13 Tue

昨夜到着した時に大降りだった雨も翌朝にはなんとかやんでおりました。
そのかわり結構寒い・・・空の色も寒そうな冬の空色です。
最上階のテラスへ出てみると
1P1000721.jpg
ブルーモスクが見えます。
2P1000724.jpg
マルマラ海も見えます。
気候の良い時期にはテラスレストランも営業するとか。
夜景を見ながら食事できるなんていいですね、きっと。
3P1000722.jpg
ブルーモスクの反対側の景色。
密集した建物が丘に沿って広がっているのがわかります。
イスタンブール、結構坂の多い街なんですね。
さて、この日テレビをつけるとなんと事件が・・!
フェリージャックが起こっていたのです。
それがイスタンブールからも近い場所だったので、
”もし道路や空港が封鎖されたらどうしよう???”と心配になって
(テロに慣れてない日本人の私はかなりビビリです)
フロントのにーちゃんに聞いたら
”大丈夫だよ、空港は一番安全だから。観光も問題なくできるよ。
それにさっき犯人は射殺されたからね。”だと。
ひ~~、そんな軽く射殺とか言われても・・・と思うのですが、
こういった事件がよく起こる国なんだということも改めて肝に銘じた事件でした。
で、ビビったのも束の間、とりあえず観光街歩きへ出発。
3-1P1000924.jpg
泊ったホテルは19世紀のオスマン様式の邸宅を利用したホテルで木の外壁が素敵でした。
まずはスルタンアフメットジャーミィ、通称ブルーモスクへ。
4_20120313171244.jpg
途中にあった帽子屋さん。
こんな帽子いったい誰がかぶるねん??(笑)ちょっとかわいいけど。

さてさて、ブルーモスクに到着すると朝一番にもかかわらず既に入場待ちの列ができていました。(汗)
少し待ってすぐに入れましたが・・さすがの目玉観光寺院です。
私がイスタンブールを訪れるのは2度目。
当然ブルーモスクも2度目なのですが、やはり内部は圧巻です!
5P1000742.jpg
美しい空間。
なぜブルーモスクと呼ばれるようになったのか?
このモスク内の内部装飾に使用されているブルーのタイルがあまりにも美しく、
その美しさ故にヨーロッパ人からいつしかブルーモスクと呼ばれるようになったそうです。
納得ですね。
6P1000734.jpg
このモスクが建てられたのは17世紀の初頭の頃で、
当時の皇帝スルタン・アフメットが建築家メフメットに建てさせたもの。
7P1000735.jpg
ランプとステンドグラスの光も美しい。
8P1000733.jpg
ここは信者の礼拝の場。
これだけ観光名所となっていても、れっきとしたイスラム教の寺院なのです。
9P1000754.jpg
ブルーモスクを後にして
10P1000751.jpg
次は、広場をはさんで対面にあるアヤ・ソフィアへ。
11P1000753.jpg
途中にはシミットというゴマ付パン(おいしい!)を売るワゴンや
12P1000760.jpg
日本では考えられないディスプレイのお店(笑)などを見ながら
アヤ・ソフィア方面へ行くと、オスマントルコ時代のスルタンと
その家族の棺をおさめた霊廟があります。
13P1000773.jpg
無料で入場できるので入ってみました。
14P1000780.jpg
建物は5つほどあって、中が公開されています。
15P1000770.jpg
真ん中の大きいのがスルタン、横の小さいのが王子とかかな?
17P1000796.jpg
そしてこちらも2回目、ビザンチン建築の最高傑作として名高いアヤ・ソフィア。
最初の建築はなんと360年!
コンスタンティヌス帝によって総主教会として建てられましたが、
その後焼失や再建を繰り返し、1453年には、コンスタンチノープルを征服した
オスマントルコ帝国によって、イスラム教のモスクに改装されました。
その時に内部のモザイク画は漆喰で塗り固められましたが、トルコ共和国となって
修復が進み、塗込められたモザイク画も見られるようになったのです。
18P1000818.jpg
そのモザイク画を見に上階ギャラリーへ。
19P1000803.jpg
ビザンチン美術の最高傑作と言われている伝統的なイコン「ディシス」
ギリシャ語で、「嘆願」とか「懇願」という意味だそうです。
20P1000808.jpg
キリストの顔をアップしてみると、本当に精密なモザイク画なのがわかります。
21P1000810.jpg
左がキリストと皇帝コンスタンティノス9世・ゾエ夫妻
右が聖母子と皇帝家族
他にも教科書で見るような有名なモザイクの壁画がたくさんあって、
モザイク好きは大喜びでギャラリーをぐるぐる回っておりました。

アヤソフィアを出て、次は古代オリエント博物館へ。
22P1000840.jpg
ここにはシュメール、バビロニア、アッシリア、ヒッタイトなどの古代文明の遺物が
展示されています。
23P1000833.jpg
バビロニアのイシュタル門のレリーフ。
複数枚あり、彩色がきれいに残っていてなかなかに見ごたえあり。
24P1000838.jpg
バビロニアやヒッタイトのレリーフも複数展示されており、
古代オリエント文明にとっぷりひたることができます。
その後同じ敷地内にある国立考古学博物館へ。
25P1000843.jpg
有名な石棺コレクション。
アレクサンダー大王の石棺といわれるものもあって(実際に大王が入っているわけではない)
26P1000847_20120313172119.jpg
その数たるや半端じゃありませんでした。
他にも彫像など、さくっと見て回るには膨大すぎるコレクションで
時間がないのが悔しかった・・・!
そしてもうひとつの美術館、装飾タイル美術館
27P1000862.jpg
こちらは中をさっくり見て撤収。
28P1000863.jpg
そして坂を下って、エミノニュの桟橋へ。
29P1000868.jpg
ここからフェリーでアジア側へ渡るのです。
30P1000871.jpg
ボスフォラス海峡を渡るフェリーからはガラタ塔が見えます。
31P1000872.jpg
ちょっとズームアップしてみました。
32P1000870.jpg
こうして見るとやはり坂の多い街だということがよくわかりますね。
33P1000875.jpg
アジア側にあるハイダルパシャ駅。
34P1000878.jpg
こちらが正面。正面は海側を向いているのです。
堂々とした姿ですね。
その昔、オリエント急行でヨーロッパ側のシルケジ駅まで来た乗客は
船でアジア側に渡り、ここからアジア側へと旅行を続けたのです。

アジア側のカドゥキョイをしばし散策。
35P1000879.jpg
こんなボロボロの木造建屋があったり
36P1000884.jpg
こじんまりしたカフェやショップの一画があったり
37P1000883.jpg
ヨーロッパ側の喧噪とは違って、日常の暮らしが見える場所でした。
38P1000882.jpg
歩いている人も少ない。
39-1P1000928.jpg
そしてまたありえん店頭ディスプレイ(爆笑)
マネキンに全部付けりゃいいってもんじゃないと思いますけど・・
そしてそしてお楽しみの買い食い。
39P1000888.jpg
名物サバサンドであります!
結構味が薄かったけど、タマネギの甘さとサバがマッチして美味しかったです。
40P1000898.jpg
サバサンドをかじりながらボスフォラス海峡を眺めてました。
41P1000903.jpg
ガラタ塔をアップで撮ると・・バルコニーにたくさんの観光客が。
42P1000890.jpg
海から見たブルーモスクとアヤソフィア。
よく目立ちます。
43P1000895.jpg
こちらはトプカプ宮殿。
あのあたりはハレムかな??
44P1000908.jpg
ヨーロッパ側に戻ってこちらはガラタ橋。
2層になっていて上は車が通り、下の階は食べ物屋さんが並んでいるのだが
上も下も釣り人でびっしり!
そんなにいい釣り場なのかな???
45P1000906.jpg
イェニ・ジャミィ。
人通りの多い桟橋近くにあります。
時間がなくて残念ながら中には入れず。
46P1000911.jpg
桟橋にはサバサンドの屋台が並んでます。
47P1000914.jpg
アクセサリーの問屋街のようなところ。
地元の人でいっぱい。
48P1000918.jpg
かわいいランプ屋さんを見たり
49P1000913.jpg
エジプシャンバザールや
50P1000916.jpg
グランドバザールをひやかしながら歩いてると本当に人が多くて多くて・・・
そしてみんなエネルギッシュやわ~
やっぱりこういう活気のある場所はおもしろい。
アクセ街では何か安カワアクセを買うぞ~!!と決めていたので
P1010024.jpg
ファティマの手とマザールボンジュウの付いたブレスをゲット。
結構お気に入りです♪

この日の19時過ぎの飛行機でパリへ発つので、あとはせっせとお土産買い(笑)
アップルティーが欲しくてスーパーやらバザールやらで探していたのですが
エジプシャンバザールやグランバザールのお店は結構高いし、街中のスーパーは品切れ(汗)
ちょっとアセりながらアラスタバザールを覗くと、こちらはのんびり空いていて
しかもアップルティーもまぁまぁ安く売っておりました。
で、10個買うからなんかオマケしてよ~♪と言ってみたら
店のにーちゃん、ニーッコリ笑いながら”僕がオマケだよ~”だと。(笑)
いやー、やっぱりトルコ。こーゆーこと言う奴がいないと観光地に来た気になれん。(爆)
で、こっちもニーッコリ笑って”ナザールボンジュウがいいんだけど”
とゆーわけで、でっかい目玉のマグネットをゲット。
P1080383_convert_20120326215644.jpg
アップルティ、お手軽粉末だけど甘酸っぱくておいしいんです。
これを飲むとトルコだわ~って感じ♪

あとは財布の残りの16トルコリラ(750円くらい)を使い切るべくスカーフを物色。
コットンの小振りなものなら買えるかなー?とか思いながら店を何軒か見て回っていたら
20トルコリラでブルーのチューリップ柄のがあったので、店のおっちゃんに
”中国製じゃないでしょうね?”って聞いたら
”ちゃんとトルコ製だよ~”←ホンマか?ま、わからん。
まぁ柄が気に入ったので、あとは値引交渉。
”どこから来たの?”
”日本だよ”
”オー、日本人大好きなんだよ~”←また出た(笑)トルコの土産物屋、こうこなくちゃね。
で、安くして~、お金少ししか持ってないねん、と交渉開始。
おっちゃん、うれしそうに2枚買ったら安くしてあげるよ~って言うけどそんなお金ないし。
ほんまに16TLしか持ってないからさ~とねばってみる。
おっちゃん、カードも使えるよ~♪
いやいや、他に気に入った柄がないんだよ~♪
お互いにへらにへら笑いながらしばらく平行線。
しかし時間もないことだし、財布に1枚だけ残っていた1ドル紙幣を足すことで
なんとか交渉成立。
1ドル=2トルコリラくらいだから、まあちょっとはディスカウントできたかな。
日本円で900円弱だし、ターコイズブルーの古典チューリップ柄でコットンだから
もしトルコ以外で作られててもよしとするかー。←信用してない(爆)
P1080384_convert_20120326215714.jpg
日本人が好きだと言うおっちゃんは始終機嫌良くて
私が”テシュケエデリム~(ありがとう)”って言ったらまた大喜び。
ま、最後にトルコのお土産屋さんでトルコらしい接客で
楽しくお買い物できたのでよしとしましょう。
そんなこんなで3泊トルコ弾丸旅行は終わったのでした。ちゃんちゃん♪

京都甘いもん巡り(ついでに観光) - 2012.03.11 Sun

3月初旬、梅の時期でございます。
本来なら2月末から咲く梅も、今年は寒い日が続いたせいで
開花が遅れているとのこと。
そんな中、行ってきました京都梅巡り、ではなく甘いもん巡り。←やっぱり食べ物(笑)
そして道連れはいつもの幼なじみの二人。
女3人、甘いもん食べまくりin京都であります。

まずは梅の名所、北野天満宮。
1P1010345_convert_20120311205648.jpg
のお向かいにある粟餅屋さんへ直行。
2P1010344_convert_20120311205234.jpg
天和2年(1682年)創業、320年以上続く老舗の茶店です。
お持帰りもあるのですが、茶店ではできたての粟餅がいただけます。
3P1010343_convert_20120311205521.jpg
粟餅にあんこをつけたものときなこをまぶしたものがセットで出てきます。
できたての粟餅はやわらかくて、少し粟のつぶつぶ感があってとてもおいしい。
京都の和菓子は本当に甘みが上品でぺろっと食べれてしまうのです。←危険
で、第1のミッションをコンプリートした後、やっと天神さんへ。
4P1010346_convert_20120311210003.jpg
ピンク色の梅は結構咲いていましたが、それでも全体的には5分咲きといったところ。
5P1010352_convert_20120311210917.jpg
紅梅は更に遅いようで、ほとんどはつぼみでしたが、たまにしっかり咲いた枝も。
5P1010355_convert_20120311210737.jpg
牛さんのまわりの梅は満開。
さすがにこれだけの梅があると、あたりは梅の甘酸っぱ~いいい香りが漂っていました。
目だけではなく香りでも季節を楽しめるのがいいですねぇ。
7P1010353_convert_20120311211013.jpg
境内をたっぷり歩き回っていると、だんだんと観光客も増えてきました。
8P1010368_convert_20120311211342.jpg
梅達に別れを告げて、さっきの粟餅屋さんのお隣にあるとようけ茶屋へ。
お豆腐屋さんですが、工場とは別に小売り&お食事処を出しているのです。
私ともう一人は湯豆腐膳を、一人は奴膳を注文しました。
9P1010373_convert_20120311211438.jpg
最初におぼろ豆腐。(と、伏見の冷酒←これマストね)
10P1010375_convert_20120311211521.jpg
奴膳にはふく俵の含め煮がついています。
11P1010376_convert_20120311211613.jpg
湯豆腐膳にはひろうすの含め煮がついています。
他にも生湯葉の煮物、つまみ湯葉などが少しずつついていて、
女性にはうれしい内容です。
12P1010377_convert_20120311211651.jpg
季節の器もかわいらしい。(関西は旧暦なので4月3日までお雛様出してます)
あれ?でもこれ京都だったら、お雛様とお内裏様、逆じゃない?
ま、それはおいといて食べ終わって店を出ると入店の行列が二重にできてました。(ひ~~)
開店前に少し並んで入ってよかった~。
土曜日だし、梅の時期だし、そりゃ混みますわな。
ここではお土産にひろうす買いました。
中にゆりねや銀杏が入ってるやつ。
帰宅してお出汁しっかりきかせて含め煮にしたらおいしいぞ~♪

その後、冬の非公開文化財特別公開キャンペーンの中のひとつ
足利三代将軍義満が創建した臨済宗相国寺派大本山の相国寺へ。
金閣寺、銀閣寺はともに相国寺の塔頭寺院なのですが、
大本山の相国寺よりもこの二つのお寺の方が有名ですね。
この相国寺、なつかしの(?)母校の裏にあるのですが、
大学に通っていた4年間一度も行ったことはなく・・
ま、そんなもんかもしれませんね。(笑)
17P1010393_convert_20120311212243.jpg
でもやっぱりこのレンガの建物の風情は懐かしかったです。

さて相国寺での特別公開は、
法堂/(重文)現存する我が国最古の法堂、狩野光信筆天井画「蟠龍図(ばんりゅうず)」
開山堂/開山・夢窓国師像、開基・足利義満像、円山応挙筆杉戸絵、
江戸時代中期の枯山水庭園「龍淵水の庭」、後水尾天皇真筆の額「圓明」
大光明寺/本尊・普賢菩薩像(辰年の守り本尊)、枯山水庭園「峨眉山(がびさん)の庭」
「心字の庭」
です。
一番の目当ての蟠龍図は撮影禁止だったので(泣)
ネットから引っぱってきた画像をのせます。
images.jpg
実際にみると大迫力!
しかも見る位置によって、昇り龍に見えたり、下を向いていたり・・・
なんとも不思議な天井画なのです。
そして特定の場所で手を打つと反響音が聞こえるので、「鳴き龍」と呼ばれています。
14P1010384_convert_20120311211913.jpg
鳴き龍の天井画がある法堂。
無畏堂と称して本来畏れることなく法を説くためのお堂だそうです。
隣の開山堂は枯山水庭園で有名。
13P1010381_convert_20120311211816.jpg
「龍淵水の庭」です。
寺の敷地内には色々な建物があって、これは経蔵。
15P1010386_convert_20120311212016.jpg
なんとなく銀閣寺ちっく。(笑)
その後、大光明寺の庭と辰年の守り本尊普賢菩薩像を見て、京都御所へ。
御所にも梅林と桃林があるということなので、ついでに見学申し込んでおきました。
約1時間のコースです。
18P1010395_convert_20120311212409.jpg
お車寄せ。
昇殿を許された者の参内時の玄関。
19P1010400_convert_20120311212527.jpg
建礼門。
天皇が使う門。
他の皇族も天皇と一緒なら入れるが、それ以外は使えない。
20P1010403_convert_20120311212620.jpg
紫宸殿。
即位礼などの儀式を執り行う最も格式の高い正殿。
大正天皇・昭和天皇の即位礼はここで行われたそう。
階を下りたところには、左近の桜、右近の橘があるのですが、
橘は寒さに弱いため、小屋を建てて養生されてました。
21P1010402_convert_20120311212730.jpg
天皇の御座、高御座がちょびっと見えます。
紫宸殿の背後にある清涼殿。
22P1010409_convert_20120311212825.jpg
御常御殿が建てられるまで、天皇の住居として使われていた建物です。
23P1010411_convert_20120311212948.jpg
小池庭。
池を中心とした回遊式庭園。
手前には州浜があり、ここで船遊びを楽しまれたそうです
24P1010412_convert_20120311213039.jpg
小御所。
これも寝殿造りの建物。蔀戸がずらーっと上げられていて、
建具の造りがよくわかります。
25P1010415_convert_20120311213146.jpg
御常御殿。
こちらは書院造りで、清涼殿のあと住居として使われていたとか。
オープンすぎる寝殿造りよりは居住性はだいぶ向上したようです。
26P1010424_convert_20120311213233.jpg
全体の6割くらいをまわってちょうど1時間。
広いですね。(汗)
以前は屏風とかも見せてくれていたらしいのですが、
猫などが入り込んで、傷を付けたりされたそうで、
それ以降見せる状態にはしていないそうです。(泣)
これで私は京都の4ヶ所の宮殿・離宮(桂離宮・修学院離宮・仙洞御所・京都御所)を
全て訪れたことになりました~。
でもやっぱり桂離宮が一番良かったな。
また行きたいなぁ。
そのあと御所の梅林へ行ってみたけど、梅はちらほら咲き、桃に至っては堅いつぼみ状態(泣)
27P1010425_convert_20120311213330.jpg
やっぱり今年は寒いんですね。
28P1010426_convert_20120311213548.jpg
梅林の横には皇宮警察の本部があって、ちょうど消防車が通りかかってました。
警察も消防も同じところで管轄しているんですね。←妙なところで納得。

さて、御所の東側には梨の木神社という神社があり、
境内に湧き出る染井の水は、京都三名水のうち唯一現存する名水だそうです。
その近くに”茶房 染井”というお店があって、大学時代
友人がよくかき氷を食べに行ってました。
かき氷は染井の水を使っているとかなんとか??
冬でもかき氷を出してくれるのですが、この後パフェを食べる予定だったので
あたたかい白玉栗ぜんざいをオーダー。
29P1010428_convert_20120311213701.jpg
友人は白玉クリームあんみつ。
これもおいしそうだったなぁ。
30P1010429_convert_20120311213745.jpg
歩き回って疲れた体にしみわたる(←大げさ)やさしい甘さのぜんざい。
ほっこり温まりました。
次は白玉クリーム氷を食べたいぞ。
その後は、おみやげにふたばの豆餅をゲット。
土曜日ということもあり、店の前には3重に列ができていました。
が、お昼に電話で取り置き予約をしておいたのですんなり購入。
そして激混みのバスで京都駅に戻り、最後のスイーツミッション。
中村籐吉本店京都駅店オリジナルパフェを食べることであります!!
31P1010431_convert_20120311213826.jpg
お店のトレードマーク、○に十のロゴを抹茶で描いた”まるとパフェ”
32P1010432_convert_20120311213903.jpg
洋菓子のバイヤーから”おいしいよ~”と聞いていたのですが、
ほんまにおいしかった!!!
一番上から生クリーム、抹茶スポンジ、抹茶アイス、生茶ゼリィ、あんこ、
白玉、なぜか冷凍ラズベリー、玄米パフ、抹茶ソフトに栗とまぁ盛りだくさん。
そしてここのスイーツは全て甘さが控えめなので、これまたぺろりと平らげてしまいました。
これで全てのミッションコンプリート!
今日ゲットした京都のお菓子はみんな甘さが控えめなので、ついつい食べてしまいます。
あとの体重増加がコワイ~~~~~~~←自業自得なんですがね。

冬の北海道弾丸旅行 - 2012.03.07 Wed

フランスフェアの施工も無事に終わり(朝4時半までかかったけど・・・笑)
次の仕事の合間を縫って行ってきました、冬の北海道!
といってもスキー目的ではなく、ペンギンのお散歩of初・旭山動物園、初・流氷クルーズ、
初・雪中乗馬、久々の温泉、が目的であります。
これを2日間で制覇するとゆー、いつもながらの弾丸旅行(爆)

ピーチの250円チケットが取れなかったので
神戸空港7:35発のスカイマークで札幌へ。
DSCF9150_convert_20120307210526.jpg
いつもながらに便利な神戸空港。
ポートライナーを降りれば即行ゲート。
そして2時間弱で雪景色の千歳空港に到着。
P1010337_convert_20120307220929.jpg
いいお天気です!
前日くらいから暖かくなったとのことですが、それでも最高気温は5℃。
さ~、さくさく行きますよ~!

ホテルに荷物を置いてから、乗馬&ランチ付温泉へ。
新雪の中を馬で走ってみたいというのは無理でしたが、
馬の肩近くまでの新雪に突入して、馬が雪をこいで歩くという体験はできました。
結構不安定でしたが、ラッセル車みたいでおもしろかった。
ラッセルだ~!とはしゃぎながら(馬には迷惑な話ですが)雪遊び。
DSCF9173_convert_20120308225139.jpg
他は雪かきしてある道をのんびりトレッキングして終了。
もうちょっと雪を蹴って走るみたいなことしたかったけど
時間も短かったし、なにせ札幌近郊のこと、そこまでワイルドなことはできませんでした。
その後は豊平峡温泉まで送ってくれて、ランチと温泉。
DSCF9184_convert_20120307211338.jpg
豊平峡温泉は定山渓温泉よりさらに山奥へ入ったところにあります。
源泉100%かけ流しのお湯とかけ流しとしては北海道最大級の露天風呂が自慢の温泉。
成分が濃いために、内湯の床は千畳敷状態で歩くと痛いのなんの・・
最初は足裏刺激のためのタイルかと思ったくらい(爆)
しかしほんとうにいいお湯で、雪景色を楽しみながらの露天風呂、も~たまりません!
どっぷり浸かって堪能しました~~~♪
上がった後は、体はぽかぽかお肌はすべすべで、ほんといい気持ちでした。
ちなみにこの温泉の食堂、一風変わっておりまして・・
DSCF9181_convert_20120307211109.jpg
なんとインド人の作るカレーが名物なのです。(笑)
DSCF9180_convert_20120307211221.jpg
こんなところで本格的カレー。なかなか美味しかったです。
DSCF9183_convert_20120307211255.jpg
他にも十割そばも名物だそうで、温泉とランチを楽しめるいいスポットですね。
(ちょっと遠いけど。札幌から1時間かかるので)
でも行けたらまた行きたい温泉です。
ちなみに写真は源泉が岩をつたって流れている様子。

温泉から無料送迎バスで札幌へ。
DSCF9186_convert_20120307211418.jpg
これが大通公園。
最近スキーに行かなくなったので、雪景色を見るのは本当に久しぶりです。
DSCF9189_convert_20120307211452.jpg
時計台もちょっぴり雪化粧。
DSCF9192_convert_20120307211522.jpg
時間があったのでレンガ建築の道庁にも行ってみました。
DSCF9193_convert_20120307211557.jpg
道庁のお向かいにある新しいビル。
最近のビルはどこも同じような造りですねぇ。
あんまり面白くないです・・・。

夜はバイヤーに紹介してもらった北のあじ彩へ。
最初にお造り、海鮮の小鍋が出たのですが、食べるのに夢中で写真撮影できず(笑)
生まれて初めて食べた毛蟹です!
DSCF9195_convert_20120307211628.jpg
味がしっかりしていて松葉ガニとは違ったおいしさ!
DSCF9196_convert_20120307211704.jpg
ホタテのグラタンに
DSCF9197_convert_20120307211732.jpg
これまたおいしいお寿司!!
いや~、堪能しました。

そして次の日は旭山動物園とガリンコ号流氷サンセットツアーの弾丸バスツアーです。
平日なのにほとんど満席とかでびっくり!
朝7時半に札幌を出発して、旭山動物園へ。
P1010256_convert_20120307212015.jpg
10時20分に動物園着。
P1010075_convert_20120307212105.jpg
出発は13時15分。
3時間弱の滞在時間です。
一番の目的はやっぱり11時からと2時からのペンギンのお散歩。
ぶらぶらとペンギン館へ向かい、しばしペンギン観察。
寒い今の時期、元気なのはキングペンギンとジェンツーペンギン。
P1010080_convert_20120307212313.jpg
キングペンギンのアップ撮ってみました~。
お散歩は野生のペンギンが巣から海へ食事のために時には何キロも歩くという
習性を活かしたものだそうで、ペンギンたちの自由参加なんだとか(笑)
P1010082_convert_20120307212401.jpg
でもほんまに時間が近くなると、自由参加のペンギンたちが集まってきるんですよ。
なんかかわいいぞ。
P1010086_convert_20120307212521.jpg
ゲートが開くと、ペンギンたちが一斉に歩き出します。
P1010088_convert_20120307212615.jpg
もう観客は大喜び!←私も含め
P1010089_convert_20120307212721.jpg
きゃーきゃー言ってる人間どもに見向きもせず、ペンギンたちはマイペースでてくてくと歩いていきます。
P1010092_convert_20120307212805.jpg
後姿もかわいすぎる!!
P1010095_convert_20120307212855.jpg
約30分から40分かけて雪道を散歩するのだとか。
いやー、ほんとに身近に見れるんですよ。
キングペンギン、近くで見ると結構でっかいです!
P1010101_convert_20120307213130.jpg
水槽の下から見ると鳥が飛んでるようにすばやいです。(びっくり)
お次はアザラシ館。
P1010109_convert_20120307213316.jpg
よく写真で見る透明なチューブ状の通路。
P1010120_convert_20120307213036.jpg
アザラシ君たちは頻繁に通ってくれるのですが、これが結構なスピードでして
P1010121_convert_20120307213225.jpg
連写モードで撮ってもなかなかうまく撮れない(泣)
単に私が下手なのか!???
外には冬ならではでの流氷環境がしつらえられていまして・・・
P1010150_convert_20120307213430.jpg
アザラシ君がひょっこり顔を出してくれたりするんです。
これがかわいいったら!

外の温度計はマイナス2.4℃。
P1010154_convert_20120307213525.jpg
冷えてますが、風もなく乾燥しているので、まだ普通に行動できます。
アザラシ君のもぐもぐタイムまで時間があったので他の動物を見に行ったら・・
P1010157_convert_20120307214503.jpg
ホッキョクグマはさすがに元気に活動しています。
P1010162_convert_20120307214552.jpg
北極ギツネ、雪の上で寝てます。
P1010171_convert_20120307214654.jpg
狼も爆睡。
眠ったら死ぬぞ~~~~(笑)

さて、お待ちかねのもぐもぐタイム。
P1010188_convert_20120307213725.jpg
ただのえさやりを見せるのではなく、えさをやりながら
動物の体や習性などを解説してくれるのです。
P1010199_convert_20120307213822.jpg
ほっけのようなえらやひれの硬い魚はしっぽから与えても食べやすいように
必ず頭から飲み込むようにくわえなおします。
この子は一度置いてからくわえなおすようです。
P1010202_convert_20120307214018.jpg
おいしそうに食べてます。
P1010204_convert_20120307214103.jpg
なぜか上がってこずにえさを欲しそうに眺めてるひとたち。(笑)
P1010210_convert_20120307213918.jpg
こんな巨体なのに、案外氷の坂を上ったりできるのです。
理由は、前足の爪と毛のはえ方らしい。
頭部から下に向かってびっしりはえている毛で、上るときにはずり落ちないようにブレーキをかけ
下るときは滑り降りる。
なので、今でも山スキーをする人はスキーの裏側にアザラシの毛皮を張っているそうです。
自然のつくりってすごいですねぇ・・・。←感動
P1010211_convert_20120307214142.jpg
ま、本人たちはそんなこと関係ないわ~って感じですわな。

だいぶ体も冷えてたので、ランチタイム。
P1010217_convert_20120307214239.jpg
鹿肉のタレづけどんぶり。私はもともと鹿肉好きなのでおいしく完食させていただきました!!

バスの出発時間まで園内をぶらぶら。
P1010223_convert_20120307215433.jpg
この子は毛の完全にはえかわる前のペンギン。
P1010237_convert_20120307214839.jpg
兄弟でじゃれ合う子供と、それをを気にかけるヒグマのお母さん。
P1010240_convert_20120307215005.jpg
レッサーパンダも冬に強いので、こんなところで爆睡中です・・・。
P1010245_convert_20120307214743.jpg
狼君も起きてうろうろ。何してるんだ??
P1010246_convert_20120307215226.jpg
エゾシカ、雪の中でだらけてます。
そして、オジロワシ。
P1010248_convert_20120307215053.jpg
かっこいい~~~~~!
P1010252_convert_20120307215141.jpg
王者の風格ですね!
P1010253_convert_20120307215523.jpg
冬の風物詩、タンチョウ。
きれいですねぇ。

そして旭山動物園をあとにして、紋別へ。
P1010259_convert_20120307215608.jpg
雪景色の中をバスはひた走り
P1010263_convert_20120307215723.jpg
ガリンコ号の出航する紋別へ到着。
途中、添乗員の方が確認してくださった情報によると、この日は流氷がかなり接近しているとか。
旅行誌によると去年のガリンコ号の流氷遭遇率は30%以下で
流氷を見られるのは運だと聞いていたので、ラッキー!!!
P1010265_convert_20120307215852.jpg
いよいよ出航です!
P1010266_convert_20120307215929.jpg
沖に流氷帯が見えます。
P1010268_convert_20120307220013.jpg
出航して10分もたつと流氷帯へ突入!!!
P1010271_convert_20120307220059.jpg
はるばるロシアから流れてきた流氷。
氷河のようなブルーのものもあったりして・・・ほんとに不思議な感じ。
感動です!
ガリンコ号は船の先端についている2基のドリルで氷を割って進みます。
P1010274_convert_20120307220311.jpg
ちなみに網走で運行しているおーろら号は南極観測船と同じく、氷に船を載せて割って進むタイプ。
こちらのほうが運行距離が長いので流氷に遭遇する確率が高いらしいのですが、
小型なだけあって、ガリンコ号は間近で流氷を見られるメリットがあります。
P1010288_convert_20120307220359.jpg
もう感動です。
P1010323_convert_20120307220552.jpg
風もなく、寒いけれどそれなりに快適にデッキで流氷を見ることができました!
P1010329_convert_20120307220637.jpg
時間的にもサンセット。
まさにサンセットクルーズです。

5時半に紋別を出発。
バスの運転手さんが快調に飛ばしてくれて、9時半には札幌に到着。(すごい~)
DSCF9200_convert_20120307220712.jpg
すすきので降りて、バイヤーお勧めのラーメン屋、信玄へ。
DSCF9202_convert_20120307220811.jpg
こくみそラーメン、うまい~~~~♪
思わずメンバーズカード作りそうになった・・(笑)
でもまた食べに行きたい!!
こくのある味噌ラーメンが絶品でした。
あぁ、また食べたい・・・・(涎)

あっというまの冬の北海道プチバカンス。
DSCF9204_convert_20120307220842.jpg
住んでる人は大変だろうけど(北海道出身の母親は雪国はもういやだといっておりますが)
雪のない関西人はまた行きたいと思うのでありました。
スキー以外にも冬ならではの楽しみ方がたくさんあって、
しかも、あ~おいしかった!!←結局それか(爆)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。