topimage

2012-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トルコ弾丸旅行その3 - 2012.01.13 Fri

前の晩はご飯食べてシャワー浴びて早々に寝たので、
(部屋はwifiはつながるが、TVはなし・・ま、あってもトルコ語でわからんけど)
すっきり起床。
ホテルの外に出てみると曇り空。
でも気球は飛んでました。
1baloon_20120118224949.jpg
この日もうようよ浮かんでました。
毎日すごいですねぇ。
そりゃー、気球フライト会社が増えるはずだ。(笑)
なのでやっぱり会社を選ばないと、事故やトラブルがあったりするらしいです。
気をつけないと。

この日は、ホテルの人に頼んでホワイトバレーやウチヒサルを回ってもらう1時間ツアーを
前日に交渉してました。
なにかの本で、ホワイトバレーの景色を見て、行ってみたい!と思って
ホテルの人(唯一英語がしゃべれるおっちゃん)に行き方を聞いていたんだけど
(日本では資料がなくてわからなかったんだけど)自力で行くには徒歩で行くしかなく
かなり時間がかかるとのこと。でも車だとすぐ行けちゃうんだよね。
ホテルのおっちゃんは、歩いていくしかないけど4時間くらいかかると言うし。
カッパドキアはなかなか自力で動くのはしんどい場所だということを痛感。うむむ・・・
ホワイトバレーあたりは現地ツアーのコースにも入ってないし(だから余計に行きたい!)
飛行機の時間もあるし・・・で、ホテルのおっちゃんと交渉。
車でギョレメパノラマ、ウチヒサルの城砦、ホワイトバレー、ラブバレーを谷の上から
観るコースを組んでもらって50トルコリラ。(約2000円ちょっと)
最初60とか言ってたんだけど、一応値引き交渉。
ほんとはもっと下げてほしかったんだけど、時間もないし、50でやめといた。
で、9時半にホテルを出発。
2uchihisar.jpg
ウチヒサルから見たカッパドキアの風景。
3valley.jpg
あいにくの曇天ですが、カッパドキアの洞窟住居などが一望です。
そして車で道なき道へ入って行き、ホワイトバレーを谷の上から眺めることができました。
4valley.jpg
この白い岩肌がホワイトバレーの名前の所以です。
DSCF9114_convert_20120113221127.jpg
それにしても、こんな谷の谷間なんて一人で歩けるはずもありません。
実際に見てみると、迷って野垂れ死にか、獣に食われるか???って感じです。
5valley.jpg
確かに谷の下から見る景色はきっとすばらしいんだろうけど・・・
プライベートにガイドをつけるなりしないとこりゃ無理だったな、
車で連れてきてもらって正解だったな、と実感してると、
ホテルのおっちゃんが
”女性が一人で行く場所じゃないよ”とぽつり。
ほんまや~と思いましたわ。
でもこの景色は一見の価値ありでした。
やっぱり来てよかった。
6valley.jpg
ホワイトバレーからラブバレーが続いています。
DSCF9115_convert_20120113221309.jpg
紅葉の時期はもっと綺麗だそうです。
7valley.jpg
過去の地殻変動とその後の侵食によってできた妖精の煙突と呼ばれる岩がにょきにょき。
8valley.jpg
おっちゃんに”なんでラブバレーっていうの?”と聞いたら
笑いながら、”ラブがいっぱいでしょ!?”だって。
そのとおりですな、わはは~。

ホテルに戻って空港へのピックアップが来るまで、友達に絵葉書書きタイム。
9hotel.jpg
この奇岩の景色とももうすぐお別れです。
ちなみにお茶はローズヒップティーを入れてくれました。
乾燥で肌がちょっと乾いていたのをしっかりチェックされていて
”お肌にいいよ”とおっちゃんが入れてくれまして・・・よう見てるな。

絵葉書も書いてのんびりお茶して空港送迎の車に乗ったはいいが、
これが空港までか~な~り~時間がかかって焦った焦った。
15:00発の便なのに空港に着いたのはなんと14:40!!
相乗りシャトルだったので、他の乗客たちもヨーロッパ人ながらさすがに焦りまくり。
空港に着いたらまずはターミナルに入る前にセキュリティチェック。
時間がないっちゅうのに、外人たちも”オー、マイゴッド”を連発しながら
コート脱いで靴脱いで・・・
で、やっとチェックインカウンターでチェックインすれば
今度は荷物に着けるタグを印字する機械がトラブル!(泣)
どないなってんねん!!
まぁカイセリは小さい空港なのでチェックインの手続きさえしてしまえば
どうにかなるかな、とは思ったものの、この旅ではロストバゲッジがあっただけに
不安が募る・・・。
とりあえず荷物のタグが印字できてやっと荷物を預けてゲートへ・・・
と思ったらここでまたまたうるさいセキュリティ。
ずーっと焦りっぱなしで走り回って汗だくでコートをまた脱ぎ荷物をベルトに載せて・・
とわたわたしていたら、空港の職員が
”マダム、パスポートはその籠に入れて”
はいはい
”マダム、靴は脱いでその籠よ”
はいはい、もう~(汗)
”マダーム”
まだあるんかい!??
”あなたの髪型イカしてるわ!”(爆)
はぁ???・・・思いっきり脱力・・・。
”彼ともそういってたのよ~”
と汗だくでブーツを脱いでいる私を尻目に空港職員の女性はニコニコ。
隣の若いにーちゃんもニコニコ。
あ、そらおおきに・・・。
そーいや、前の晩行ったハマムでもやたらとウケてたな。
トルコで坊主頭が受けるとは思わんかったわ。
ま、好印象?なのはいいことだとセキュリティを出るとそこはもうゲート。
しかも飛行機遅れてるし・・・(爆)
結局機体が到着したのが14:55、出発が15:30と30分遅れ。
焦りまくったカッパドキア出発でしたが、無事テイクオフ。
まだ機体が上昇中の状態の中、根性の機内サービス。
DSCF9121_convert_20120113222445.jpg
かわいいバスケットタイプの機内食は、チキンサンド、豆の煮物、アーモンドケーキ。
これまたおいしい~♪
ほんとトルコ航空、軽食美味しいわ。
イスタンブールはあいにくの雨。
そしてとんでもなく寒かった!

シャトルサービスでホテルに到着して最上階のレストランからブルーモスクをパチリ。
10ayasofia.jpg
明日は雨が止んでくれるといいなぁ。
スポンサーサイト

トルコ弾丸旅行その2 - 2012.01.12 Thu

トルコ満喫の1日の始まりは気球ツアーで始まります。
前日も早いフライトだったので5時起きだったのに、
この日は5時に気球ツアーのピックアップが来るので4時起き。
1morning.jpg
外はまだ真っ暗。
ね、眠い・・・そして寒い・・・。
しかしギョレメの街は、気球ツアーのピックアップ車が縦横無尽に走り回っておりました。
そんなにたくさんのお客さんがいるんだ~と驚きです。
ピックアップされたお客は各々の会社の事務所に集められ、
2office.jpg
そこで熱いお茶とシミットというゴマつきのパンやビスケットを食べて待機します。
ここで注意事項やどのグループになるかを聞かされて気球の乗船場所へ行くのですが、
この日は風の様子をみていたため、出発が遅めになったようです。
結局飛ぶことになったので、乗船場所へ車に分乗して向かいました。
3field.jpg
結構明るくなってます。でもわくわく・・・
これが私の乗る気球。
4baloon.jpg
大型のファンである程度まで風を入れたら、あとはバーナーの熱で一気に膨らませていきます。
5baloon.jpg
この気球のパイロットは女性で、もう15年ほど乗ってるベテランだそうです。
6baloon.jpg
いざ、出発!
7baloon.jpg
ちょっと曇ってますが、日の出も見られました。
8sunrise.jpg
この大地を上空から見たかったんです!
9baloon.jpg
素晴らしい眺めです。
10baloon_20120112171612.jpg
すごい数の気球です。
11baloon_20120112171611.jpg
オフシーズンでこの数だと、観光シーズンはもっとすごい数なんでしょうね。
衝突しないのかな?

約1時間のフライトを終えると気球は着地するのですが、これがすごい。
この車の引いている台座にちゃんと下ろすのです!!GREAT!
12baloon_20120112171611.jpg
その後はスパークリングワインを飲んで
13sparkling wine
また車でホテルまで送ってくれます。
お隣のホテルにも送迎車がぞくぞくと来てはお客さんを降ろしていきました。
14hotel.jpg
あ、ちなみに私の泊まったのはお隣の大きなホテルじゃなくてこっちのちっちゃいホテルです。
15hotel.jpg
さて、それから朝食です。
16breakfast.jpg
トルコのフランスパン、外はパリッとなかはふんわりもっちりで日本人好みでおいしい!
17breakfast.jpg
ホテルのテラスからの眺めもなかなかのものです。
18terrace.jpg
テラスに面した真ん中のお部屋に滞在しました。
19terrace.jpg

その後、乗馬ツアーを手配していたので迎えを待っていたのですが
これが40分も遅れ・・・
やっとこさ乗馬施設まで行って乗ったものの、最初の馬がどうやっても嫌がるのをやめず
結局馬を変えてもらって再び出発となりました。
DSCF9062_convert_20120112225341.jpg
滞在時間も短いので、現地のツアーは日本人スタッフのいる旅行会社にお願いしたのですが
やっぱり乗馬のリクエストは難しいですね。
私としてはもっとキノコ岩のあるようなカッパドキアらしい風景の中をトレッキングしたかったのですが
DSCF9068_convert_20120112225221.jpg
トレッキングしたのは、カッパドキアなのかどうかわからん景色の中でして・・・。
日本からのメールのやり取りではここまではわかりませんでした。
ちょっと残念だったかな。

乗馬から帰って、ギョレメ野外博物館のほうへぶらぶら歩いていってみました。
20cappa.jpg
カッパドキア~って景色ですね。
すると、なんとこんなところでも馬に乗れる!
21horse.jpg
現地には結構観光用の乗馬施設があるようで、こんなことなら現地に行ってから自分で決めればよかった~
とちょっと後悔でした。
時間があればここでも乗ってやろうと思ったのですが、ローズバレーの夕日を見に行く予定だったので
あきらめました。しくしく。

22cappa.jpg
ホテルから見えるギョレメの風景。
そして手配していた車でローズバレーへ。
ここは夕日で岩肌がローズ色に見えるのでその名がついた谷です。
25rosevalley.jpg
ワインを持って夕日を眺めにきている若者グループなんかもいまして、羨ましかった。(笑)
26rosevalley.jpg
夕日を堪能した後は、ハマムです。
DSCF9108_convert_20120112225843.jpg
以前にトルコ旅行で初ハマムを体験して以来、ハマムの虜。
モロッコでも2回行きました!
でもトルコのハマムが一番気持ちいいような気がするなぁ。
しっかり温まってしっかり洗ってもらってさっぱり!
そうそう、垢すりは初めての人はあまり垢が出ないけど、2回目以降は結構出るそうです。
おもしろいですね。
私なんて何回目かだからケセジさん(あかすりしてくれる人)にSUPER!とか言われるくらい
ぼろぼろ出てました。(汚なっ!??)
マジで皮一枚剥けたんちゃうか??ってくらい。
で、ぶらぶらとホテルに歩いて帰ると、お隣のホテルはきれいにライトアップしてまして、
27dinner.jpg
これを借景にしてディナーです。
朝お願いしておいたテスティ・ケバブの夕食です。
28dinner.jpg
スープが出て
29dinner.jpg
これがこの地方の名物、テスティ・ケバブ。
素焼きの壷の中に肉や野菜を入れて炭火でじっくり調理。
壷の上部を割って中身を食べるのです。
30dinner.jpg
ピラウと一緒にがっつりおいしくいただきました!
おいしかった~~~!!
31dinner.jpg
そしてデザートはやっぱり劇甘のアラブ菓子。
こ、これだけは1個食べるだけでやっとでした~(汗)

この日のスケジュールはこれで終わり。
お疲れ様でした~。

トルコ弾丸旅行その1 - 2012.01.12 Thu

11月9日
トルコ弾丸旅行の始まりです。

LH7110 8:25ミュンヘン発の飛行機でトルコへ
1luft food
ルフトの典型的な(?)機内食。
離乳食のよーなドロドロのほうれん草にばさばさのオムレツ。
予想に違わず、まずっ!!どーやったらこんなもの作れるんだろう??
とある意味感心してしまうわ。
12:05イスタンブール着
国際線ターミナルはヨーロッパのターミナルと変わりなく
異国情緒も異国臭もなし。
・・・なーんかちょっとがっかり・・・
エジプトやチュニジアとまではいかなくてももっとなんか
臭うものがあると思ったのに・・・(←クサいとかじゃなくて)
でも国内線ターミナルへ行くと、少しは雰囲気が異国してきて
ちょっと”ほっ”。なんか私も病的になってきたな・・・。
乗り継ぎ時間はたっぷりあったので、ターミナルの地下にあるスーパーで
インスタント食品を買ったり、ガイドブックを読んで予習したり(←今頃!?)
なんとなく頭もトルコモードに変換しつつ・・
TK2014 16:10イスタンブール発17:30カイセリ着の飛行機でカッパドキアへ
DSCF9034_convert_20120113202937.jpg
トルコ航空の軽食。短い飛行時間でもこれだけ出るのは最近珍しいですね。
昔はヨーロッパ内のフライトでもちょっとした軽食が出てたのに。
経費削減で最近はビスケットくらいですもん。
そしてこの軽食とっても美味しかった♪やっぱりトルコ、おいしいわ~。
ま、それはさておき無事にカイセリ空港に到着して車で1時間ほどの
カッパドキアはギョレメという村へ。
カッパドキアは寒いと聞いていたけれど、ほんまに寒かった!!
氷点下でした~
2cappa.jpg
ホテルは、カヤ・オテリというツアー客の多い高級ホテルの隣の洞窟ペンション。
窓からカヤ・オテリが見えます。
3appetea.jpg
チェックインの手続きをしている時に出してくれた熱いアップルティがうれしい!
4hotel_20120112163038.jpg
薪ストーブがあって、なんか家の中みたいなアットホームな食堂兼リビング(?)

そしてその後洞窟レストランでのフォークロアショーに。
5showhouse.jpg
外はめちゃくちゃ寒かった。
6showhouse.jpg
中はこんな感じ。
中国人団体ツアー客が多かった・・・。
最近はトルコ旅行も中国人に人気なのでしょうか。
ちなみに私と同じテーブルにはインド人夫婦+子供だけでした。
テーブルいっぱいに前菜が並び、ドリンクは飲み放題とのこと。
7wine.jpg
ワインは赤と白。
8beer_20120112163142.jpg
ビールはエフェス。
おいしいラガーです。
9harumaki.jpg
チーズの入った揚げ春巻きのようなもの。
9pirau.jpg
マトンのピラフ。
こういった観光客向けの団体メニューなのであんまり期待はしていなかったのですが
さすがトルコ、それなりに全部おいしかったです。

さてさて、ショーは・・
10dance.jpg
メブラーナの踊りから始まり
11dance.jpg
民族舞踊からベリーダンスへ。
12dance.jpg
やっぱり地方だからか、昔イスタンブールで見たベリーダンスよりもレベルが低いみたいです。
ま、仕方ないですね。
13dance.jpg
最後は観客をステージに引っ張り出すのですが、わざと太ったおっちゃん達を指名して
笑いをとるという、まぁこれも観光地ショーありがちな進行。
14dance.jpg
そしてイマドキ!?っつーか、場末のキャバレーみたいな演出で
ベリーダンサーは去っていきました。(笑)
それなりにツーリスト気分は味わえますね。
この日の予定は終了。
ホテルに帰って速攻寝ました。
明日は早朝気球ツアーです!!

ストレスを食べ物で晴らす!? - 2012.01.07 Sat

去年、地味~に1食置き換えダイエットを敢行していたにもかかわらず
年明けからバカ食いが続いたり、やたらと甘いものをもらったり・・・
去年の努力も無に帰すところとなっている今日この頃。
そろそろ節制しないとな~と思っているのに、最近仕事でストレスが溜まりまくり
毎日がっつり食べております。
で、先日つい買ってしまったものをご紹介。(←完全に開き直り)
P1010062_convert_20120107203134.jpg
PAULのスペシャルバッグ。
りんごのでっかいペストリーにチョコつきワッフル、ソーセージ入りのロールパンに
パン・ド・ミー、フランスパン1/2が入って1050円。
”あと2個ですよ~”と言う呼び込みについふらふらと買ってしまいました。
すでにほとんど食べてしまい・・・(汗)
あぁ、やっちゃった・・・。
菓子パンって太るのにね。

で、お次はお芋。
某国にお住まいのブロ友の方が、さつまいもをブログネタにされてまして・・・
”そーいや、ヘルシオって焼き芋うまくできるって話だったよなぁ”
と、そう思い出したら止まらない今日この頃の私の食欲。
どーせなら違う種類の芋を比べてみようと
2種類のサツマイモをゲット。
P1010063_convert_20120107203429.jpg
左がスーパーで売っていた徳島産なると金時。198円也。秋には100円で投売りしてたのに。
右がデパートで売っていた鹿児島産安納芋。300円也。さすがのお値段。
見た目はなると金時のほうがサツマイモって感じですね。
安納芋はぱっと見、サツマイモには見えないのですが・・・
調理するとどうなるか。

ウォーターオーブンで30分。
P1010064_convert_20120108192746.jpg
見事な焼き芋になりました。
皮に適度な焦げ目もついてばっちりな出来上がり。
P1010065_convert_20120108192811.jpg
そして安納芋は串を刺したところからとろーりと蜜のようなものが。
ぬぬぬ??
割ってみると・・・
P1010067_convert_20120108192856.jpg
一目瞭然。
すごい色の違いです。
食感も甘味も全然違いました。
なるとの方は、見事なほっくり度。
ちょっとお茶がないとのどが詰まりそう(笑)なくらい。
安納芋はもっと水分が多いのだけれど、べちゃっとしているわけでもなく
甘いし、味が濃い!
こりゃおいしいわ♪
安納芋を食べた後になるとを食べると”全然甘くない~”って感じ。
罪なお芋さんですなぁ、こりゃ。
それにしてもまたまたヘルシオ君の底力を見せてもらいました。
放っておいてこんなおいしい焼き芋ができるなんて。
これから焼き芋にはまりそう♪

焼き芋がおいしくできることに気をとられてダイエットのこと、すっかり忘れておりました。
とほほ・・・

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。