topimage

2011-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の遠足 - 2011.10.15 Sat

天高く馬肥ゆる秋!
ここのところ秋らしい爽やかな週末が続いています。
普段あまり動かしてやってない車を走らせるのと、
新しいカメラの試運転(?)を兼ねて2週続けてお出かけしてきました。

まずは丹波。
歌とピクニックという、地元の食べ物、雑貨、音楽を
組み合わせたというイベント。
知り合いの知り合いが参加しているということもあり、
丹波は春日という場所まで行ってきました。
場所柄&第1回目ということで、あまり期待はしていなかったのですが・・・
そのとおりでして・・(笑)
ホームページはそこそこおしゃれにできていたのですが
テーマがよくわからん内容になってしまっていて残念でした。
1yatai.jpg
でもいいお天気で気持ちがよかったです。
D2yama.jpg
閉鎖したキャンプ場跡地で開催されていました。
一番盛り上がったのは鴨レースかな。(笑)
次回があるかどうかわかりませんが、また頑張ってください。

さて、お次は神戸マルシェ。
農業公園”ワイン城”で、年1回開かれている神戸と京阪神のお店が
集まるイベントです。
こちらはもう6回目くらいの開催。
以前から一度行ってみたかったのですが、今回初めての訪問。
3wainejou.jpg
いいお天気だなーと中に入ると・・・

4gyouretu.jpg
げげっ!!
す、すごい人!!!
5gyouretu.jpg
飲食のテントの前には長~い行列!!!
まだ開店前なのに・・・(汗)
マルシェの開催時間は、物販10時~、飲食11時~。
10時で既にこの状態って・・・す、すごすぎる!
で、私は比較的行列の短い元町ケーキで、ケーキパフェをゲットに並びました。
6cake.jpg
この店の有名定番ケーキ、「ざくろ」をベースにしたパフェ型ケーキです。
7cake.jpg
モンブランかミルフィーユにするか悩んだ末、ミルフィーユをゲット。
8cake.jpg
いちごとスポンジの定番ケーキは、いつ食べてもおいしいですね。

ワイン作りの見学棟もあるのですが、それどころじゃございません。(笑)
9waine.jpg
他にも三宮にあるイタリアンやフレンチのお店が出店していて
フランス産鴨の炭火焼なんっておいしそーなものもたくさんあったんだけど
母親連れだったため断念。
年配の方たちには、人込みと行列はしんどいと思われました。
10wine.jpg
車で来たので、ワインも飲めずに退散。
今度は自分で運転しないで来たいぞー!!

そしていつもの戦利品報告。
丹波版はやはり黒枝豆と栗。
kuromame.jpg
丹波の黒枝豆、最近は有名になってしまって、
朝、春日の道の駅へ寄った時は売り切れてまして・・・(泣)
帰りに寄ったときにちょうど入荷していてラッキーにもゲットできました!!
でもすぐになくなってしまって、私が持ってると
”どこに売ってたんですか!??”と聞かれること聞かれること。
有名になってしまうと案外地元には、残りにくいのかもしれませんね。
(流通で都市部に出てしまったりして)

神戸マルシェでは、
12panf.jpg
福寿のしぼりたて原酒とほいりげ。
ほいりげはその場で飲まないといけないのでカップ売りしかしないのですが
運転手は飲めませんので、ペットボトルにこっそり入れて
持って帰ってきました。←やっちゃダメです。
発酵途中のワインで、ぶどうジュースの甘みと微炭酸、ほのかなアルコールが含まれた
その時期しか飲めないものです。
ドイツではフェダーバイザーとかシュトルムとか呼ばれていて
9月頃に飲むことのできるどぶろくワインで、私は大好きなのです。
ドイツで初めて飲んで以来、時期のときに旅行に行くと必ず飲んでいたのですが
発酵途中で炭酸ガスが発生するので、持ち帰りが難しいのです。
最近は11月になると瓶詰めして販売しているワイナリーからお取り寄せして
毎年友人と楽しんでいるのですが(ブログに毎年書いてます・笑)
神戸ワイン版は初めてです。
まだぶどうジュースに近いのか激甘!!
でもちゃんとほのかで上品なアルコール臭もあって、
ほいりげの風味がしっかりありました。
やっぱり車なら他に運転手を見つけるか、地下鉄とバスで行くしかないか~(泣)
そしたら、フランス鴨をアテにワインだって飲めるし、他にも弓削牧場のチーズや
シャンパーニュもあったから結構楽しめそう・・。
来年は気合入れて行ってみようかな。
スポンサーサイト

芸術の秋&やっぱり食欲の秋 - 2011.10.01 Sat

先日、京都市立美術館へ行ってきました。
今、京都市美術館では「フェルメールからのラブレター展」
「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」を開催しています。
フェルメール・・のほうは招待券を持っていたので、”早く行かなくちゃー”
と思いながらも、くそ暑い夏の京都には行く気がしなくてぐずぐずしているうちに
会期終了がせまってきて、あわてて行く事に。
少し前に行った人から”入場制限かかってる”と聞いていたので平日に行ったのですが
昼前に着いたら案の定 ”40分待ち” だと。
1museum_20111001003920.jpg
ひえ~~~恐るべしフェルメール。

対する「ワシントン・ナショナル・ギャラリー展」は待ち時間なしで入れるとの事で
先にこちらに入ることに。
向って右翼がフェルメール展、左翼がナショナルギャラリー展です。
2museum.jpg
こんなビッグ展覧会を同時にやるとはすごいですねぇ。
実は院展もやっているので3つ巴なのです・・・すごすぎる。

ついでに行ったナショナルギャラリー展だったのですが、
こちらの内容の方が素晴らしかったです。
こーんなめちゃ有名なモネの絵とか
monet_promenade01.jpg
モネ婦人と息子。

これも初来日。
86ff1378.jpg
ゴッホの自画像。
例の「耳きり事件」を起こし、その後発作に苦しんだ後
回復後に初めて描いた作品がこの自画像なんだとか。
青ざめた顔と意志の強そうな表情とがなんだか壮絶な感じ。
他にもマネや、ルノアール、ゴッホ、ロートレックなど珠玉の絵画が盛りだくさん。
なんでも本国の美術館が改修中ということで、こんなにたくさんの名画が貸し出されたんだとか。
いつもはなかなか出てこない名画たち、素晴らしかったです。

見終わってフェルメール展を見ると、30分待ちに。
ま、こんなものかと列に並んで入場。
中はなかなかの人出でした。
オランダ絵画はそんなに大きいものがないので、絵を見るにも一苦労。
しかも結構画面が暗いので、印象派を見た後だとなんとなくどーんより。
そしてフェルメールの前には3重くらいの人垣。
でもまぁなんとか間近で見ることができました。
今回公開されたフェルメールの絵、三点に共通しているのは手紙。
『手紙を読む青衣の女』
『手紙を書く女』
『手紙を書く女と召使い』
17世紀のオランダでは、東インド会社が世界貿易で富を呼び集めていました。
繁栄を極める中、ヨーロッパの国々に先駆けて郵便制度が発達し、
手紙が、ビジネスだけでなく男女の間でも流行。
フェルメールは当時の生活を描いた風俗画家だったので
こういった手紙をモチーフにした絵があるのですね。

今回修復後初公開された『手紙を読む青衣の女』
vermeer15[1]
修復によって、フェルメールブルーが蘇ったそうです。

人込みに疲れて外に出るといいお天気!
3heianjingu.jpg
いつも鳥居は見るのに中まで入らない平安神宮。(笑)

夜は予定があったのでそのままバスで京都駅へ。
途中四条河原町で見えたローソン。
4lawson.jpg
なんちゃって和風の外観です。
規制がかかってるんですね。

その後三宮でお買い物をしてからいつもの友人と蕎麦を食べに元町へ。
姉にお蕎麦がおいしいとおしえてもらった”卓”というお店です。

お茶の代わりに蕎麦湯がでてきます。
8sobayu.jpg
とろっとしておいしい。

蕎麦ごめのとろろがけ。
9sobagome.jpg
蕎麦ごめ初めて食べました!
お出汁で薄く味付けされていておいしい~!!

鴨ロース。
9kamo.jpg
このへんはお酒のアテです。
日本酒も何種類か置いてあって、日本酒をやりながら
鴨やいわしの若干し、季節のてんぷら、秋鮭の野菜あんかけなどを食べまして・・
(写真撮る前にみんな食べちゃったので写真が無い・笑)

〆はお蕎麦。
辛味大根蕎麦ともり蕎麦。
10soba.jpg
辛味大根のほうは黒で。
11soba.jpg
盛りは白で。
両方ともおいしかった!!
大満足です。
今度はそばがきにも挑戦したいな。

さて、この日の戦利品。
まずは加茂みたらし団子。
5mochi.jpg
下賀茂神社のお向かいにあるお茶屋さんで売っているのですが
京都伊勢丹でも買えます。

三宮の輸入食品屋さんでGETしたピタパンとファラフェルミックス。
6farafel.jpg
これで家でもエジプトの味が再現できるのか???

7paste.jpg
なすとごまのペースト。
ついでに買ったナシゴレン用スパイスと野菜シチュー用スパイス。
私も知らなかったのですが、神戸にはハラールフードショップがあったんです。
(イスラム寺院があるから当然といえばそうなんだけど)
今度から色々楽しいものが買えそう!と大喜び。

ま、食いしん坊な私のこと、芸術の秋だけでは終わりませんでした。
やっぱりね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。