topimage

2010-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢 体験と食てんこ盛りの旅 そのイチ - 2010.02.28 Sun

いったい私の旅に、てんこ盛り以外の旅がるのか!?というツッコミがありそうですが・・・(汗)
とにもかくにも先週末、冬の金沢へ行ってきました。
最近は普通においしいもん食べて温泉・・といった旅ではあきたらない人が多いのか、”体験型の旅”というのが人気のようです。
今回私は金沢2回目だったのですが、この体験型の旅というものを計画して行ってみました。

まずは朝一番のサンダーバードに乗り、一路金沢へ・・。
img20100223112216293[1]
寒波の到来した後なので、山間部では結構な雪景色。
これはちょっと雪の兼六園が見れるかも??と期待してたのですが・・・

img20100228172049113[1]
金沢駅は全然雪無し!!残念。

ま、それはさておき、朝早かったので、腹ごしらえに近江町市場へ。
img20100223112237374[2]
なかなかの賑わい。
”おねーさん、蟹買ってかない?”という声がそこここでかけられるんだけど、今日はお土産買う日じゃないしとりあえず空腹を満たさなくては!!
と、向かったのが近江町市場内にある回転寿司屋さん。

運良くすぐに席につけました。(食べてる間にあっという間に待ってる人たちの列ができてた・・・)
img20100223112257736[1]
まずは豪華3種盛り
地元産の白えび、うに、のどぐろです。うまい!!

img20100223112319670[1]
セルフサービスのあら汁は甘エビの殻が入っていてめちゃ甘くてうまい!

img20100223112356386[1]
お次は天然の寒ぶり。すごい脂がのってて、お醤油をはじくはじく・・なのにしつこくない!
味が濃くてうまーい!

img20100223112336591[1]
お次はガスえび。
これ、初めて食べたエビですが、とんでもなく甘くて味が濃厚でいっぺんでファンになってしまいました!
実は私は無類の甘エビ好きなのですが、この後食べた甘エビよりもマジでおいしかったです。
名前がなんとも毒っぽいけど(笑)ほんまにおいしいエビでした。

1時から主計町のお茶屋さんで”金沢ほんものの芸にふれる旅”のお座敷体験なので、近くのひがし茶屋街を少し散策。

この日は雨が降ったり晴れ間が出たり・・・と変なお天気。

img20100223112938876[1]
いやー、”コールドパーマ”がええ感じですな。
その昔、芸妓のおねえさん方もご贔屓だったんでしょうか。

さて時間も近くなったので主計町へ。
川沿いの落ち着いたこじんまりとした御茶屋街です。
img20100223113033473[2]
本日のお座敷は”まゆ月”さん。
img20100223113050752[1]

中に入ると、1階はラウンジのようになっていて2階がお座敷です。
img20100223113200018[1]
ほんものの餅花が飾ってありました。
img20100223113132588[1]
お二階のお座敷。

さて、お楽しみのお座敷体験は、
最初に女将さんの陰笛の演奏があって、
img20100223113232823[1]
その後おねえさんのお舞いの披露。

img20100223113304852[1]
お茶菓子とお茶をいただいたあと

お次は太鼓の演奏。
img20100223113321821[2]
img20100223113340443[1]

その後は、お客さんも参加して太鼓を打たせてもらったり、お座敷遊びのひとつ”おまわりよいやさ”をしたりして、結構楽しかったです。
img20100223113400226[1]
それにしてもお酒飲んでじゃんけんして回ってたらぶっ倒れそう・・。

やはり金沢の花街も”いちげんさんお断り”だそうです。
こんなことでもないとお座敷体験なんてできないからいい体験になりました。

そしてその後すぐに能楽美術館へ能体験へ。
金沢は前田利家の時代から能の盛んな土地で、ほとんど全てが宝生流という流派だそうです。
img20100223113425233[2]
この日は狂言の体験プログラム。
私むか~し、小学生か中学生の時に野外学習かなんかで能・狂言を見に行ったことがあったけど全然覚えてません。(笑)
有名な狂言師の先生が狂言について色々と実演を交えてお話をしてくれました。
狂言は大げさな表現が面白いんですね。
笑ったり泣いたりお酒を飲んだり柿を食べる練習をしたり、これまた楽しかったです。
一度ちゃんとした演目を観てみたくなりました。

晩ご飯まで少し時間があったので武家屋敷周辺を散策。
img20100223113445149[1]

img20100223113505007[1]
なかなかご立派な日本屋敷が残っていますねぇ。

さて、晩ご飯はお楽しみの冬の日本海の幸を満喫です。
ブログで紹介されていた”福虎”さんへ。
img20100223113537466[1]
つきだしはふぐ皮ポン酢ともずく酢。酢の物好きの私にはたまりません。

img20100223113602837[2]
今回絶対食べてみたかった鱈の子付け。
金沢では新鮮な鱈が水揚げされるので、鱈をよく生で食べるそうですが、これは生の鱈の身に鱈の子がまぶしてあるのです。
おしょうゆをつけて食べましたが、鱈の子のつぶつぶ感が新鮮な鱈と一緒になって、めっちゃおいしー!!

img20100223113621450[1]
お次は香箱がに。蟹の卵がおいしいとは知りませんでした。新たな発見です。

img20100223113639377[1]
のどぐろの塩焼き。
激ウマです!白身なのになんでこんな脂がのってるんだ!???
夏に松江で食べたのとは大違い。やはり冬は脂がのっておいしいんですね!あまりに美味しかったので、頭をあとでお吸い物にしてもらいました。

img20100223113656473[1]
はす蒸し。これも加賀野菜のひとつ。やさしいお出汁のあんがかかっていてホッとする美味しさです。

img20100223113714803[2]
激ウマだったのどぐろのお吸い物。のどぐろの出汁がこれでもか!?ってくらい出ていて旨い!
よく昔は鯛の塩焼きを食べた後やりましたが、のどぐろは格別です!

img20100223113733333[1]
鱈の白子ポン酢。元々白子とかあまり好きではない私がはまりました。(笑)
口の中でミルクのようにはじけるんです。旨すぎです。
もう笑うしかないくらいみんな旨いんです。

img20100223113751458[1]
寒ぶりのお刺身。これまた脂がのっててうまー!!

img20100223113812170[1]
そしてこのぶりカマ。マジでおいしくって言葉が出ません。
ほんと冬の北陸の海の幸はおいしい!!!
お酒もすすむぜ!
てなわけでおおいに飲み食いしてしまいました。

img20100223113830070[1]
夜景を見て歩こうかと思ってたけど、旨すぎる魚達にすっかり満足してしまって途中の和洋折衷(?)な神社を見てホテルへ帰りました。
あ~おいしかった!

次の日も盛りだくさんです。(爆)当然。
スポンサーサイト

白鷹酒蔵見学 - 2010.02.13 Sat

白鷹の酒蔵見学に初めて参加してきました!
ここの蔵見学はなんと有料(3000円)なのです。
しかし、”竹葉亭の松花堂弁当&しぼりたてのお酒を心ゆくまで・・・”付きとゆーことで
(←”心ゆくまで”に惹かれた)申し込んでみました。
今回の道連れももちろんいつもの酒飲み幼馴染メンバーです。(爆)

白鷹に行く前に、去年からしぼりたて原酒を買っている徳若という蔵元へ。
ここはまだ新しい蔵元なのですが、斗瓶のお酒が買えたりしてなかなか美味しいのです。
寶娘がすぐ横にあったのを初めて知りました。
今度は寶娘も買ってみようかな。
1img20100213205509532.jpg

さて、そこから歩いて白鷹へ。
蔵見学の集合場所、白鷹禄水苑。
2img20100213205541749.jpg

白鷹の蔵元、辰馬家の住居をイメージ再現した建物らしいです。
再現とはいえ、贅沢な建物ですな。
中にはショップやイベントスペースがあります。
3img20100213205625902.jpg

そして2班に分かれて蔵見学へ。
まずは集古館見学。
大手の蔵は皆こういった昔の酒造りの様子と道具を展示した博物館のようなものを併設しています。
これはお酒を絞る装置。
4img20100213210037394.jpg

そして蔵の中へ・・・。
5img20100213210159188.jpg

発酵している醸造タンクの中を見せてもらったのは初めてです!
これはまだ発酵の初期段階。
6img20100213210327462.jpg

7img20100213210349844.jpg

そして活発に発酵している状態。
フルーティでやさしい香りがいっぱいです。
8img20100213210410046.jpg

ぷくぷくぷく・・・ほんとに生きてるって感じ。
9img20100213210429665.jpg
10img20100213210505710.jpg

白鷹のお酒は伊勢神宮の御料酒なのだそうです。
なんでもお供えしているとお酒が結構減るんだとか・・・
神様が飲んでるのかな??
11img20100213210553983.jpg

さて、蔵見学者しか飲めない垂れ口からとった原酒。
アルコール度は20度だそうで、フルーティな香りと飲み口の良さに
つられて飲むとあとで大変なことになるのですが・・・しっかりおかわりしてしまいました。(笑)
12img20100213210630397.jpg

そしてそしてお楽しみの、”心ゆくまで”のしぼりたて原酒とお弁当。
13img20100213210717937.jpg
竹葉亭さん、お上品なお味でとってもおいしかったです。
そして先ほど蔵で飲ませてもらったお酒と同じものを、ほんとに心ゆくまで飲めるのです。(つまり飲み放題)

おみやげはすいかの奈良漬。
14img20100213210653539.jpg

他にも色んなイベントを開催されていて、こんな企画もありました。
少々の労働とあとは宴会!なかなかの人気だそうです。
あとは蔵見学者のみ購入可能な垂れ口からとった絞りたての原酒を購入。
とりあえず(?)4月に開催される女性限定のお酒とお料理のセミナーに申し込んでしまいました。
やったー、また楽しみが増えたぞ!
来年もまた参加したいぞー!!と思ってしまう内容でした。
満足満足。













2010蔵開きの季節のはじまり~ - 2010.02.07 Sun

年が明けると新酒の季節。
灘五郷では、それぞれの蔵でしぼりたての新酒ができあがり
蔵開きが行われます。
去年たいがい蔵めぐりをしたので、今年はだいぶ勝手がわかっておりまして・・・。
1月末には、浜福鶴の初しぼり会。
写真を撮るのを忘れてしまいましたが、いつもながらにふるまい酒と
当たらない利き酒を楽しみ(今年は5種類のうちひとつしか当たらんかった・・・)
初しぼりを購入して家で湯豆腐をアテに楽しみ、
そして2月6日には菊正宗の蔵開きがありました。

1.jpg
寒気団が到来したうえに晴れ上がり、寒~い朝でしたが、
大盛況。
入るのに並ぶような状態でした。
みんなすごいわ~(←自分のことは棚上げ)

粕汁の苦手な私は今年はしし鍋と100円の純米酒。
しし鍋あったまりました~。
お酒は菊正宗らしいすっきり辛口。
2.jpg

資料館のほうでは甘酒のふるまいがあります。
甘酒苦手な私も、ここの甘酒はおいしくいただけてしまうのです。
3.jpg

さて、今回も福袋をゲットしたのですが・・・
4.jpg
内容は去年のほうがよかった・・・。
お酒2本は変わらなかったのですが、今年は恐怖の会社自己満足グッズ、
”ジェロの歌う菊正宗のCMソングのCD”などというものが入っていて、
去年入っていた酒粕が入っていなかったのです。
CDなんぞいらんわっっ(怒)
しかもこのCD、蔵開き先着3000名様に差し上げる記念品にもなっていて・・・
こんなもん2枚もいらんわっっ(怒)
きっと作ったはいいけど、余ったんだろうなぁ。
でもそんなミエミエのものを配りまくられるこっちは迷惑やねん。
燃えないゴミ出し日まで置いとかなあかんし。
菊正宗さん、今年はイマイチでした。
あんなん福袋に入れたらあかんわ。

そして同じく福袋に入っていたのがこれ。
5.jpg
メタボ測定メジャー。
・・・・・・・

なにを狙ったか知らんけど、今年の福袋はほんまにイマイチでしたわ。
結構がっかりでした・・・。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。