topimage

2010-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてLCCを利用しました。 - 2010.01.21 Thu

最近話題のLCC "Low-Cost Carrier"格安航空会社のことです。
サービスの簡素化、旅行代理店を通さない販売方法、機内での飲食物有料化、着陸料の安い空港の使用など様々なコスト削減努力によって、既存の大手航空会社より安い運賃を提供している航空会社です。
日本でもスカイマークとかやっとできたけれど、まだあまり普及していないですね。
しかし欧米では結構発達していて多数の格安航空会社が存在しています。
そのなかでもライアンエアーとイージージェットは2台巨頭。
ヨーロッパ各地に運航拠点を有し、1日に数百便単位のフライトを運航しています。
今回はそのうちのイージージェットを利用しました。

マドリッド→マラケシュ 43.49EUR
マラケシュ→パリシャルルドゴール 588MAD
航空券自体はもっと安いのですが、預け荷物ひとつにつき確か1000円~2000円くらいかかってたと思う。
ってことは、機内持ち込み手荷物だけで乗った場合はもっと安い!
うーん、バス並みの料金でマラケシュへ行けちゃうんだ。
そうそう、バス並みといえば座席は自由席です。
なので自分の好きな席に座りたいなら早く登場口に並ぶ必要があるのですが、これについては色々と条件があるので後で述べます。

さて、チェックインカウンターは普通です。
コーポレートカラーのオレンジでしつこいくらいに溢れていて、ある意味わかりやすい・・・かも(笑)
1counter.jpg

オンラインチェックインを済ませていたので、荷物を預けて搭乗口へ。
しかしそこは格安航空会社。
機内持ち込み手荷物のチェックも厳しく、チェックインカウンターで
”持ち込むのはそれ?ちゃんとひとつにまとめてね”
としつこく言われました。
機内に持ちこめる荷物はひとつだけ。(しかも大きさの制限はもちろんあります)
ショルダーバッグとキャリーとか、リュックとキャリーはダメです。
あくまでも”ひとつ”だけなのです。
なので、ボディバッグをキャリーケースに入れるということで、カウンターの人には納得してもらい、搭乗口へ。
飛行機はゲートに待機しているわけではなく、登場時間30分前くらいに機体が到着。
2airplane.jpg

そして登場前には更に厳しい荷物の大きさチェック。
また登場には順番があって、1番は子供連れ、体の不自由な人。
次に優先登場するためのオプション料金を払った人。
次にオンラインチェックインをしている人。(要は航空券を発行しなくても済む人。搭乗券の発行手間がないという理由か?)
最後はその他の人。
徹底してます。
でもこれくらいは安いのならやってもいいと思います。納得ですね。

さて、無事搭乗してみると機内の様子は普通です。(当たり前か)
3airplane.jpg

機体もちゃんとエアバスの普通のやつ。(ホッ)
4in.jpg

当然機内サービスは有料ですが、結構立派なカタログがありました。
4in.jpg

5in.jpg
6in.jpg

ホットドリンクはなぜかスタバ。
7in.jpg

オリジナルテディベアなんかも販売してました。
8in.jpg

乗務員もフレンドリーな感じで明るい感じでした。
そしてひっきりなしにゴミを集めにまわってきます。
ずーっとゴミ袋を持ってまわってきます。(当然ゴミ袋もオレンジ色)
いやー、マメやなぁ・・・と初めてのLCC搭乗に興味津々している間にマラケシュ着陸態勢に。
9soto.jpg
乾いた大地が眼下に見えてきて、わくわくしたのを覚えています。

びっくりしたのは帰りの便。
16:50発の便だったのですが、16時を過ぎても搭乗ゲートが全然表示されない。
”???”と思いながら狭いマラケシュ空港内をうろちょろしていたのですが、機体の姿もなく・・・
”もしかしてぎりぎりに来るのか!?”と思って、滑走路をじーっと見ていたのですが、
なかなか来ない・・・。
で、やっと機体が飛来&着陸したのが16:20で、(多分延着だと思う)
で、ゲートに機体が近づいて来ると、待ってましたとばかりにその飛行機に乗る乗客がそのゲートに走って集まる集まる・・・。
当然私も負けじとちゃっちゃと並びましたが(笑)

16:20ゲートに機体到着。乗っていたお客さんがぞくぞくと降りてきて・・・
なんと16:25ゲートオープン。厳しい荷物の大きさチェックをしながら搭乗開始。(これが一番時間がかかる・・・)
私が席に着いたのが16:40。
さすがに定刻の16:50には出発できなかったが、17:10に出発。
いやー、強烈ですね。
しかしこれでひっきりなしにゴミを集めに来ていた理由がわかりました。
空港使用料を安くあげるためか、効率を上げるためか、駐機時間を短縮しているのですね。
機内清掃なんてしてる時間がないから、飛んでる間にゴミを集めまくってるというわけ。
見上げた根性です。
でもこれでマラケシュ→パリが5000円くらいで飛べるんなら、全然OKです。
機体もちゃんとしてたし。
こんなんじゃJALなんて太刀打ちできるわけないよね。
日本でももっとLCC発達してほしいなぁ。
だったらもっと国内に気軽に行けるのに・・・。
週末ちょっと馬に乗ってくるわ~って北海道行っちゃうとか、
ちょっと寒いから石垣島行って泳いでくるわ~とか・・・。
easyjetさん、日本へ進出する気ないかなぁ(笑)






スポンサーサイト

マラケシュ幻想~夕暮れから夜~ - 2010.01.16 Sat

さて、赤い町マラケシュの夕暮れはことのほか美しいらしく
その夕暮れを楽しみに早々とジャマエルフナ広場を見下ろすカフェのテラス席へ・・・。
人気のカフェは夕暮れ時にはテラス席を待つ人たちでいっぱいになるそうなので、
早めに広場側の席に陣取り、友人達に絵葉書を書いて日没を待ってました。
1tea.jpg

するとだんだん・・・
2place.jpg
フナ広場の人や建物の影も長くなり・・・

3place.jpg
そして夕日がクトゥビアの塔のむこうへ沈んでいきます。

4place.jpg
そのあとフナ広場へ降りると、まーすごい人!
これからどんどん人と屋台が増えていくのです。

街中がピンク色の建物のマラケシュは日没時には街中が美しいオレンジ色になります。
4town.jpg
異国情緒溢れる風景に思わずうっとり&ぼーっとしてしまいました。

さて、夜になると広場の景色はがらりと変わります。
6place.jpg
もうもうと煙をたてる食べ物の屋台。ケバブやスープなんかが食べられます。

夜のランプ屋さん。
7place.jpg
きれいですねぇ。
幻想的な明かりについつい引き寄せられそうになりました。(←蛾か!?)

8place.jpg
至るところに大道芸人を囲む輪ができていて、ぼーっと見ていようものなら、
お金を請求しに来ます。(笑)

そのへんを適当にひやかした後、広場に面したレストランで夕食。
9dinner.jpg
マトンのタジン。
30dh(約350円)
めちゃウマです!
タジンは野菜たっぷりでお肉もとろとろ。
基本蒸し煮だからそんな高カロリーには思えないし・・・
こりゃタジン鍋買って帰るしかない!!と心に固く誓いました。
モロッコ特有のパンも見た目ほど硬くなくて、中はしっとり柔らかくて、
タジンのスープをつけて食べるとこれまたやめられません。
うーん、みんなこのおいしくてしっかりつまったパンで太るんじゃないかなぁ??
結構モロッコ人、恰幅のいい人が多かったんです。

おいしいタジンに満足してリヤドに帰ると、すっかり夜のシーンに。
10riad.jpg

11riad.jpg
外人はこういった照明演出うまいですねぇ。
ここでカクテルでも飲みながらぼーっとしてたいわ~・・と思ったけど、ここはイスラム圏。
観光客用のホテルだから一応ビールくらいはあるようだけど、
あんまりお酒はないようなのでおとなしく部屋に上がって寝ることにしました。
さすがに夜は冷えるので中庭は寒いですしね。

おいしいタジン、フナ広場の喧騒、美しいランプの光が印象的なマラケシュの夜でした。







マラケシュ幻想 - 2010.01.09 Sat

昔から一度行ってみたいと思っていてまだ行ったことのない場所、
ギリシャのクレタ島、モロッコ、エジプト(なんか地中海沿岸ばっかだな~)
そのなかのひとつ、モロッコのマラケシュへ年末に行ってきました。

行く前には、過去に行ったことのある人から散々脅されまして・・
曰く、”うるさい”
中でも一番多かったのが”自称ガイドがしつこく勧誘してくる”こと。
うーん、去年行ったチュニジアよりうるさいのかな~?などと考えながら、
曇天のマドリッドの空港から約2時間。
マラケシュの空港に降り立つといきなりの強い日差し!
1airport_20100629215016.jpg
ま、まぶしい!!すでに暑苦しい予感が・・・。(笑)

空港から街中へはバスで移動。
なにせタクシーはボッタくってくるらしいし、予約した宿は旧市街の中なので、
どうせタクシーも入れないし。

2town.jpg
しかしこんな道をホテルの地図を片手に探して歩いてると、既に宿の客引きがうるさいうるさい。
ずーっと無視して歩いてたけど、全然見つけられなかったので、そのへんのおっちゃんに聞いてみた。
おっちゃんは知らなかったけど、そのおっちゃんが近くのにーちゃんに”案内してやれ”
みたいなこと言って、にーちゃんは快く連れてってくれようとしたんだけど、
実は場所がわからなかったらしく、途中で他の宿屋とかに聞きに行く始末。
(お調子はいいんだけどねぇ)
”いいのかな~?他の宿に連れてかれるんじゃないか?”と不安に思いながらも
とりあえず案内してもらったら、途中で小さな路地に入って曲がって・・・こりゃわからんわ!
ってか、ほんまに私の探してる宿なんかいな??えーい、とりあえず行ってみるべし!
で、着いたのがここ。
3town.jpg
プレートを指差すので、見てみると私の予約した宿でした!
よかった~!!にーちゃん、ありがとう。
そしてにーちゃんはインターホンを押して中の人に連絡してくれました。
って、やっぱりこれってチップ渡すべき??とか思ってるうちに、そのにーちゃん、
私の荷物をホテルの中に入れるのを手伝ってくれてそのまま帰っちゃった。
い、いい人だ~。ありがとう、にーちゃん。
ま、こんな人ばかりではありませんが、この時は暑い中荷物を引きずりまわして疲れていたので、
とってもありがたかったです。

今回マラケシュの最初の宿は、リヤドという昔の建物を宿に改装したもの。
まずは屋上テラスでウェルカムミントティ。
4hotel.jpg
いやー、甘いミントティが胃に染み渡ってホッとします。

お部屋はテラスの一角にある小さなお部屋。
うーん、こんな空間作ってみたいぞ。
5hotel.jpg

洗面台もちょっとした布使いでかわいくなってます。
6hotel.jpg

テラスからはメディナを見渡すことが出来ました。
7terrace.jpg
いきなりバカンスモード入っちゃいますね~。

お茶も飲んで人心地ついたので、まずは観光の中心、ジャマエルフナ広場へ。
8town.jpg
ここは夜にすごいことになるらしいので、また後で来ることに。
とはいえ、あのバイクの後ろのにーちゃん、でかい荷物持って危ないんちゃう?
と思っていたら、あんなのが狭いメディナの路地をばんばん走っているのです。(危なっ!)

ともあれお腹が空いたので、ケバブ屋でパンに野菜とケバブをはさんでもらって食べ歩き。
9lunch.jpg
たっぷりの野菜とお肉がマッチして、うまい~!!

そして最初に伝統工芸館へ。
10town.jpg
チュニジアもそうだったけど、旧市街のお店には値札というものがない。全て値段を聞いて、交渉して買わなくてはならないのです。で、こんな観光地では観光客はいいカモ。
でもその値段って、ほんとに高いの?それとも適正?
この伝統工芸館は、職人さんのアトリエが集まっているところで、品物の値段の目安を知るのにいいらしいのです。
そして売り込みもしつこくないらしい。(←これ重要)

11town.jpg
こんな風に色んなお店(兼アトリエ)が並んでいます。
日本でもこんな場所増えてきましたよね。
作家さん達が自分のブースで作品を作りながら直売するスペースが。

12town.jpg
小物だけでなく、こんなタイル装飾の建材屋さんも。
う~、涎が・・・。日本に持って帰りたくても無理だ~(泣)

その後メディナに戻って、あてもなくぶらぶらと散策。
13town.jpg

14medina.jpg

15medina.jpg
ランプ屋にも

16town.jpg
靴屋にも

17town.jpg
スパイス屋にも色が溢れています。
メディナの中はまるでおもちゃ箱のような宝石箱のような・・そんな楽しい空間でした。
昼間の幻想都市マラケシュその一です。


















NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。