topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初・食博 - 2013.04.28 Sun

4年に一度の食の博覧会・食博2013に行ってきました!
業者さんが会場設営に参加しているとは聞いていたけれど
行ってみるのは初めて。
”いつも混んでるでー”と聞いてたので、平日初日昼過ぎからぶらぶら行ってきました。

エントランスは平日だからかそんなに混んでません。
中はいっぱいなのか??
それにしてもいいお天気です。
1kaijou.jpg
会場はインテックス大阪の1号館から6号館まであって広い!
5号館は宴テーマ館。
ここでは食のコンクールが開催されています。
日本料理、西洋料理、中国料理、和菓子、洋菓子の展示コーナーがあって、
匠の技を見ることができます。
2kaijou.jpg
和菓子の工芸作品。
3kaijou.jpg
虎だ竜だとみなさん技を競ってはります。
4kaijou.jpg
こちらでは氷の彫像作りの実演。

さっくり見た後、昼ごはんがまだだったので、まぐろの解体してるお寿司屋さんへ。
5kaijou.jpg
中トロ3カンで500円。
6kaijou.jpg
うまーーーい!
7kaijou.jpg
日本酒コーナーでくいっと1杯。

3号館のス米(マイ)ル・マルシェ食育館。
ここではアジアン、オリエンタル、アメリカン、ヨーロピアン、アフリカンと
5つのエリアで食べられている料理を食べることができます。
チケット制で、1食100円。
8ethnic.jpg
まずはエジプトのコシャリ。
9ethnic.jpg
お次にトルコのチキンケバブとピラウ。
10ethnic.jpg
スリランカのマルカーリヤ(サバカレー)
行列も全然なくて、ちょっと拍子抜け。
作ってから時間が経ってるのか、全部冷めててあんまりおいしくなかった・・・。
コシャリとケバブは現地で食べたことあるからよけいにガッカリだったかも。

屋外のバーベキューコーナーでは日本各地の牛肉の屋台が。
11niku.jpg
結構いいお値段してますな。

これはワンコインチャリティーイベントのぜんざい。
1円から500円までのワンコインを入れて整理券をもらい、
日替わりのメニューをいただきます。
12siruko.jpg
この日はおぜんざい。温かくておいしかった~。

1号館では、なんとブルガリアイベント。
ブルガリアはカザンラクの「バラ祭り」をテーマに
ローズクイーンと民族舞踊団がダンスを披露してくれます!
去年まさにカザンラクのバラ祭りを訪れた私としては是非観てみたいステージ。
13bulgaria.jpg
ローズクイーンがご挨拶。
14bulgaria.jpg
ソフィア6というフォークダンスアンサンブル舞踊団のダンス。
15bulgaria.jpg
なんとクケリも。
クケリとはブルガリアで1〜3月に行われている民族行事で
日本のなまはげのように町中を練り歩き、無病息災を祈り、
悪魔除けをする祭りです。
一度見てみたかったので、こんなところで見られて満足。
ただし踊り手は激しく動き回るので、写真は撮りづらい・・・(汗)

その後は時間のある限り会場を見ようと奥へ・・・。
4号館は豊かな食生活館。
食関連企業が最新の機器や道具などの展示やパフォーマンスを実施しています。
関西電力と大阪ガスが大きなブースを作っています。

大阪ガスではなにやらおもしろそうなイベントが・・・。
16daigus.jpg
~英雄たちが愛した~最高の晩餐
日本を代表する英雄と、世界の英雄たちが愛した料理で「食の対決」を繰り広げます。
17daigus.jpg
時間になると、織田信長とナポレオンがステージに現れ、いきなり斬り合いが!(笑)
ここに進行役が入ってきて、小芝居を繰り広げながらお互いの料理対決をしていく・・
というもの。
食材は楽天より(お取り寄せ可能)、辻調の最強の先生方が料理を作ります。
18daigus.jpg
この日の対決は、織田信長にちなんだメニュー「尾張牛の焼き味噌添え」と、
ナポレオンの「若鶏のマレンゴ風オマール海老とともに」。
ひゃー、おいしそう!!!
調理が開始され・・・
19daigus.jpg
すごーい尾張牛!これを厚切りにして真空調理。
20daigus.jpg
活きたオマールロブスター!でかーい!
21daigus.jpg
調理の様子も、小芝居を交えながら紹介していきます。
22daigus.jpg
真空調理した尾張牛を直火で炙ります!!
これはやはりガスの直火でないと!!などと
大ガスのブースなだけに、ガス火を宣伝する台詞がそこここに出てきます(笑)
23daigus.jpg
料理も終盤になって、焼き味噌をこれまた直火で炙ったり、
ロブスターのソースを作ったり・・・
24daigus.jpg
出来上がり~~~~♪
25daigus.jpg
どっちもめっちゃ美味しそう!!!
そして・・・

お待ちかねの試食タイム。
26daigus.jpg
うーん、どっちも美味しい←当たり前か
観客は、両メニューを試食して、どちらがおいしいかをジャッジします。
私はぷりっぷりのロブスターを選んだけど、会場のジャッジも僅差でロブスターに
軍配が上がりました。
なかなかに楽しくて美味しいイベントでした。
他にも「ハイジのワクワクッキング」なんて親子で参加できるイベントなんかもあって
”さすが大手エネルギー関連企業は太っ腹やねぇ”と思いました。
時間があればもっと色々参加したかったな。

そうこうするうちに閉場時間が近づき、そそくさと退場。
27kaijou.jpg
中欧特集スペースもあったけど、あんまり賑わってなかったなぁ・・。

とにもかくにもなかなかに楽しめるイベントでした。
今度はもっと時間をとっていこうっと。(4年後ですが・笑)
スポンサーサイト

2012お花見 - 2012.04.21 Sat

バスツアーに参加して、遅咲きの桜を見に行ってきました。
常照皇寺と夜久野の桜のトンネル+食べ放題昼食付きのバスツアーであります。
特に常照皇寺は桜と紅葉の名所だそうで・・・
が、桜が見れるかは本当に賭けのようなものだと旅行会社の人が言っていたように
桜のツアーに参加したからといって咲いている状態が見れるかどうかは
申し込み時には当然わからなかったのですが・・・。
前日ネットで調べると、夜久野は満開、常照皇寺は3分から5分咲きくらいとのことで
なかなかにラッキーな状況!
週末は天気が荒れるとの予報だったのですが、これもなんとかもちそうな感じ。
いつもの幼なじみ3人でいざ、出発であります。

まずは常照皇寺へ。
京都の山奥にあるこのお寺。
光厳法皇によって1362年に開かれ、
歴代天皇の帰依を得た皇室ゆかりの寺であり、臨済宗京都嵯峨・天龍寺派に属する禅宗寺院です。
なかなかに位の高いお寺なのですね。
ここの桜が有名で、光厳天皇光明天皇お手植の国の天然記物「九重桜」
後水尾天皇命名の一重と八重が一枝に咲くという「御車返しの桜」
岩倉具視が御所紫宸殿より移植された「左近の桜」と名木が境内に咲き誇るのです!
京都の山奥にあって自力ではなかなか行き難い所にありまして・・
1joushou.jpg
かやぶき屋根が山里のお寺といった風情をかもし出しています。

で、これが国の天然記物「九重桜」
8joushou.jpg
満開手前といった感じでしたが、まずまずの開花度。
そして、さすがの貫禄です。
2joushou.jpg
左近の桜との競演。
3joushou.jpg
後水尾天皇がその美しさに魅かれ何度も車を返して、
別れを惜しんだほどのこの桜御車返しの桜との競演も美しい。
4joushou.jpg
5joushou.jpg
方丈からの庭の風景。
こちらは秋の紅葉が美しいらしいです。
6joushou.jpg
怡雲庵の仏像。
7joushou.jpg
うーん、八重と一重が一緒に咲くというけど・・・イマイチよくわからん・・・〈泣)
9joushou.jpg
でも美しいことには変わりないですね!←あまり深く考えない奴。

怡雲庵と、「左近の桜」
10joushou.jpg

駐車場横、休憩所にあるしだれ桜は今が盛りの満開!
11joushou.jpg
噴水のように咲き誇っております・・・。
12joushou.jpg
素晴らしい眺めです。

その後お昼を食べに丹波の食事会場へ。
パンフレットによると・・・
黒毛和牛のすき焼き、あわび、車えび、お寿司、黒豆そば、あまおう、メロン食べ放題。
ま、期待はしておりませんでしたが・・・
13lunch_20120421232903.jpg
予想通り〈笑)
食べ放題でも素材が悪すぎると、食べる気になりませんからね~
あんまりコメントはしないようにしておきます・・・(爆)

その後夜久野へ。
14yakuno.jpg
こちらの枝垂桜は満開でした。
15yakuno.jpg
こんな桜のトンネルができています。
16yakuno.jpg
こんな木蓮の大木もありました。
17yakuno.jpg
これもご立派!
18yakuno.jpg
枝垂桜は本当に噴水のように咲き誇ってます。
19yakuno.jpg
桜満喫しました~♪
普段の行いのせいか!?お天気もまずまず、桜も咲いていてくれて
いいお花見日和となりました。
お土産は・・・
今回は兵庫と京都の山奥に行ったこともあり、農産物ばっかり(笑)
今、青物野菜が高いので、安くて新鮮な水菜や菊菜、それに朝掘りのたけのこを買いました。
20takenoko.jpg
さっそく茹でて、茹でたての柔らかい部分をわさび醤油でいただき、
他の部分は鳴門の生わかめと若竹煮、筍ごはんにもおいしくいただきました~。
やっぱり季節のものはいいですねぇ・・・
と、いつもながらに食べ物で締めくくられるのでした。(爆)

クレーと桜と晴明サマの一日 - 2011.04.29 Fri

久々の日記は、これまたなんの脈絡もないタイトルでありまして・・(笑)
4月の中旬に京都を訪れた一日の日記であります。

まずは京都国立近代美術館へ。
<パウル・クレー展~おわらないアトリエ>のチケットをゲットしたので
四条から散歩がてらぶらぶら歩いて平安神宮の目の前にあるこの美術館へ。
このへんの桜はもう終わりですなあ。
1museum.jpg
クレーといえば、水彩で描かれた美しい色の幾何学模様の組み合わせの絵が有名で、
不勉強な私もそんな絵を想像して行ったのですが・・・
いやいやそんなもんじゃありませんでした。
素描やピカソっぽい絵まで小さい作品があるわあるわ・・・
バウハウスの教師に招かれていたことや美術の教科書に載っている有名な絵くらいしか
知らなかった私には、インパクトありでした。
素描はほんとに2才くらいの子供が描いたような絵だし、
ピカソみたいな絵を描いてたのも知らなかった・・・。
朝っぱらから結構疲れて美術館を出て歩いていると
2sakura.jpg
見事なしだれ桜発見。
3sakura.jpg
まるで噴水のようです。
梅も桜もしだれは豪華に見えますねぇ。

しかしソメイヨシノはほとんどが葉桜になりかけていてちょっと残念。
午後から二条城近くの町家で、晴明神社の宮司さんが陰陽道について講演をされるのを
聴きにいく予定だったので、ついでに二条城で花見なんぞ・・・
と思っていたのですが、こりゃだめだなーとちょいと寄り道計画。
時計とにらめっこして、宇多野山越行きのバスに飛び乗りました。
そう、遅咲きで有名な御室の仁和寺へ行こうと思ったのです。(実は行ったことがなかった)
みんな考える事は同じで御室周辺はしっかり渋滞。
やっと仁和寺へ到着すると、「3分咲きです」との看板書き。
えー??3分咲きって、こんなに差があるものなのかー!?
愕然としながらも、せっかく来たんだし・・・と中へ。
4osakura.jpg
場所によっては結構咲いてます。
ニュースだと私の行った3日後くらいに満開となったそうで・・ま、仕方ないです。
5osakura.jpg
御室の桜は御室桜と呼ばれていて、種類は御室有明というのが多くを占めているのだそう。
6osakura.jpg
アップで撮ってみると・・・
7okura.jpg
確かにソメイヨシノとはちょっと違う。
半八重らしいです。←花の種類や分類に全く知識がない(苦笑)
ともかく市中の半分葉桜よりは桜を堪能しました。

で、最後の晴明サマです。
最近、京町家でカフェだコンサートだ講演だというのが流行っておりまして・・・
出身大学からのメールニュースでこのイベントの事を知り、申し込んだわけですが、
ちょっと内容がお粗末だったかな。
とにかく、講師(晴明神社の宮司)の話がおもしろくないったら。
これで有料ですか!???と途中つっこみたくなった。
ちょっと陰陽師などの本や漫画を読んだ人間には承知の暦の話だとか普通の話ばかり。
飲み屋で話すネタならいいかもしれんが、ちょっとお粗末でしたね。
お茶と和菓子をいただいて、宮司さんも帰った後、やっぱりこれじゃまずいと思ったのか
大学の講師と名誉教授が京都の街の事について話をしてくれました。
こっちのほうが数倍おもしろかった!
さすが、講義し慣れてるので、話のまとめ方もうまかったし、一般人が知らない内容を
お話ししてくれたので、”まぁこれで良しとするかー”と町家を出ました。
もうちょっと中身を吟味した方がいいよ、某女子大さん(笑)
8machiya.jpg
講演のあった町家。
お向かいに老舗の油問屋がありまして
9aburaya.jpg
ここで香の良いごま油をお土産にゲット。

で、まぁここまで来たんだし・・・と件の晴明神社へ寄ることにしまして
てくてく歩いて行ってみましたら
10seimei.jpg
なんとまぁ観光化されてて、ありがたみ皆無!
11seimei.jpg
ちなみに神社の境内や隣には”陰陽師グッズ販売”なんてものもありまして・・・
ここまでイメージ壊したらあかんやろーってな具合でした。
12seimei.jpg
晴明井。その年の恵方を向いているそうですが、左に立っている茶色の鉄のポール。
お賽銭入れです。(笑)
至る所にお賽銭入れがあって、あいた口が塞がらん。
極めつけはコレ。
13seimei.jpg
はーい、顔出してあなたも晴明サマーってか!?
半分笑ってたけど、とんでもなく疲れた。
14seimei.jpg
悪いけど参拝する気にもなれなかったよ~、晴明サマ。

ビールのこと - 2010.08.29 Sun

酒のネタといえば、酒蔵めぐりのブログばかりなので
”日本酒ばっかり飲んでる奴”と思われがちですが、
実は私はビール好き
職場の飲み会などに行けば、水で薄めてんのか?発泡酒か?というようなビールでも
とりあえずは飲む。ま、から揚げとかの脂感を流すには、日本のキンキンに冷えたビールが合うのかもしれない。
でも実は結構好みがあって、ちゃんと麦の味がするビールが好き。
ビールだけでしっかりおいしいのが好きなので、家で買って飲んでるのはもっぱらドイツビール。
休肝日用のノンアルコールビールもドイツビールだったりする。(←休肝日でも飲む 笑)
そんな私が国産で今のところ一番美味しいと思うのがプレミアムモルツ。
モルツはあまり好きじゃないんだけど、プレミアムモルツは美味しいピルスナーだと思う。
・・で、それなら行かなくては!酒蔵へ!いや、もといビール工場へ!!

てなわけで前置きが長くなりましたが、行ってまいりました。
サントリー京都ビール工場のプレミアムモルツ講座。
最寄り駅からは無料シャトルバスなんぞも出ていて、さすが大手。

プレミアムモルツ講座っても、プレミアムモルツのこだわりとか誕生の歴史なんかを
案内役のおねーさんがビデオなんかをまじえて説明してくれて
2screen.jpg
そのあと工場見学→試飲(これが目的)となるわけです。
テーブルにはパンフレットとホップの見本が置いてありました。
1panf_20100829184807.jpg
ホップは風味や香り付けに使用するそうですが、これまたすんごい香り!

発芽して乾燥させた原料の二条大麦。
3bakuga.jpg
食べると香ばしくてほんのり甘い。
ふむふむ、この糖分で酵母が働いてくれるのね。
そういえば日本酒の原料の麹のついた米もほんのり甘かったなぁ。
お酒造りには糖分が不可欠なのね~と妙なところで共通点を見つけて納得。
その後工場へ向かい工場見学。

麦汁を作る仕込みタンク。
4factory.jpg
部屋はかなり暑いです。
稼動している時はもっと熱気がこもって暑いそう。

その後低温で貯蔵してねかせ、
5chozou.jpg

濾過して
6roka.jpg
その後缶詰めして出荷となるわけですが、日曜でラインは動いておらず機械を見ただけに終わりました。
でも缶詰めする際に缶の中の酸素を吹き飛ばすのに使う炭酸ガスと最後に封入する時に使う炭酸ガスは
酵母が発酵する時にできた炭酸ガスを使用しているとかで、こんなところにもこだわりが。
(単に再利用か!?)
日本酒の大手メーカー蔵見学も同じですが、今はオートメーション化されているので
工場見学といってもステンレスのタンクを見るにとどまってしまいます。
ま、仕方ないですね。
それに目的は別にあるんですから。(爆)

さてさて、部屋に戻ってお待ちかねの試飲です。
7beer.jpg
できたてをビールサーバーでいれてくれたプレミアムモルツ。
泡との比率は3:7が理想だそうで、さすがに理想どおりの泡。
それとプレミアムモルツを楽しむためのアテ。
塩豆と甘い豆、味噌せんべい、ドライフルーツ、ビーフパイ、カラメルビスケット。
でもやっぱり最初はビールの味を楽しんで一杯。

で、今度は市場には出回っていないプレミアムモルツの黒生!
8beer.jpg
これ、まだ缶や瓶での製造がされていなくて、樽のみ&大量生産ではないということで
なかなか飲めないんです。
とても飲みやすい黒ビールで、とってもまろやか。
泡も決め細やかでとってもおいしい!!

時間内ならおかわり自由なので、3杯も飲んでしまってご機嫌さんで帰りました。

これがおいしくビールを入れるコツ。
9panf.jpg
先に泡の層を作って、あとはその下をくぐらせるようにビールを注ぐらしいです。
で、もらったグラスでやってみました。
10beer.jpg
3:7にはならなかったけど、ノンアルコールビールでもなかなかに美味しそう。
これからはノンアルコールビールもちゃんとグラスに入れて飲もう!(←缶でそのまま飲んでた奴)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ロイワン

Author:ロイワン
食べるの飲むの好き、建築巡り好きなヒトの興味のおもむくままの雑記帳。ビーグルのように、”なにかおもしろいことないかな?”と常に興味津々。 以前は住宅の仕事をしており1級建築士とインテリアコーディネーターを持っていますが、現在は店舗の内装や装飾の仕事に従事。 仕事の肥やしに・・・を言い訳に年に2回の海外旅行が何よりの楽しみ。 乗馬も楽しみの一つだが、椎間板ヘルニアを患ってからは調子をみながら月に1回が限度という状態(泣)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

酒蔵 (13)
未分類 (0)
国内旅行 (24)
食べ物 (12)
インテリア (2)
近場 (7)
飲み物 (5)
日常 (6)
建築 (0)
国内イベント (4)
海外旅行 (88)
2012冬旅行 プーリア&ブダペスト他 (6)
2012夏旅行 ブルガリア&ハンガリー (8)
2013冬旅行リヨン&パリ (9)
2014夏旅行イタリア~南フランス地中海の旅 (7)
2015冬 初シチリア(東部)の旅 (3)
2015夏 バスク~ボルドーの旅 (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。